戦争が齎す人権と、反差別が齎す自滅

 上記noteでも触れた様に、戦闘には「継続して勝たねばならない」ものと、「この一戦だけ勝てばいい」ものの、二種類の戦闘が存在する。個人の話から離れてマクロな視野で見た場合、戦闘環境の最適化がこの二種類の戦闘のどちらを優先することになるかを決定する。
 故に、この二つの戦闘には「継続して勝たねばならない戦闘で圧勝を防ぐには、この一戦だけ勝てばいい戦闘が存在しなければならない」「この一戦だけ勝てばいい戦闘行為での勝利を目指すことが、継続して勝たねばならない戦闘に最大限の勝利をもたらす」という奇妙な相関関係を見出すことができる。

この続きをみるには

この続き:1,003文字

戦争が齎す人権と、反差別が齎す自滅

ねーぴあ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い一日を!
3

ねーぴあ

思考の遊び

小説を書くにあたって考えた由無し事のまとめです。大体思い付きベースで無茶苦茶なことを書いているので、自己防衛の為に有料にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。