SNSなどで訃報告知をされた場合、その対応などで悩んでいる方へ。

 大切な方に旅立たれ、深い悲しみを抱く方に。
 旅立った方へ、心からの愛を込めて。

 ツイッターを始めとする、SNSなどでの訃報告知(御本人や御本人のご家族の)をされた場合、その相手の方への対応を悩んでいる方に、伝えたいことがございます。
 これから、詳細を書き込もうと思いますので、ご一読頂けますと幸いです。
 因みに、私は告知した経験も、告知された経験もございます。

 私の父は、末期ガンで一昨年旅立ちました。
 本人の希望も有り、ごく身内に電話やメールで告知するに留め、ツイッターやSNSでは全てが落ち着いてから、分かる人にだけ伝わる様にお知らせ致しました。
 SNSでの告知の仕方は「父は、炭素と煙になりました。」との一文でした。
 お葬式も何もかもが終わり、平常心を保てるようになってから、一言。それだけでも、有り難いことに伝わったようです。
 本当はSNSでの告知はしたくなかったのですが、心配して下さった方がいらしたので致しました。

 告知したくなかった理由は、あまり心配を掛けさせたくなかったことと、同じ傷を持つ方に思い出させたくはなかったからです。
 心配して下さり、お優しい言葉を掛けて頂けたことは、今でも感謝しておりますし、とても励みになりました。
 今回、初めて私の父が旅立ったことを知った方も多いと思います。

 私の父が旅立ったその二月後、私の仕事仲間(Mさん)のお父様が、仕事中に旅立ってしまいました。
 私の父の様に、余命宣告をされる事はなく、本当に唐突な旅立ちでしたので、Mさんはひどく取り乱しました。
 ツイッターで「大切な人にもう会えないと言われたら、どう生きれば良いのか」と呟いたりしておりました。
 それを見て、もしかしたら身内に御不幸が有ったのかもしれない、と思いましたが、訊く事が躊躇われました。

 その翌日「お通夜に流したい曲の編集方法を知ってる方は居ませんか?」と呟いていたので、やっぱりそうだったのかと思い、それとなく支えようと思いました。

 しかし、私は失敗しました。

 彼女のお父様への愛は深く「後追いをしたい」と匂わせる呟きをしていたので「そんな事をしたら、お父様は悲しむ」と言ってしまいました。
 彼女は「それでも、私は父に会いたい。ほっといて下さい」と言わせてしまうほど、怒らせてしまいました。
 もう、私が何を言っても受け入れて頂けぬと思い、静観を選択しました。
 それでも、Mさんには心配して下さっているフォロワーさんが多いように見えましたので、私一人居なくても大丈夫だと思いました。

 しかし、それは大きな間違いでした。
 彼女は一人の心無い人物の言葉に大きく傷付けられ、内容が内容だけに相談する相手もなく、一人で抱え込んでしまっていたのです。

 Mさんには当時、それなりに交流の有ったYさんと云うフォロワーさんが居たそうです。
 気付いたら、彼女にリムーブされていたので「何かしてしまいましたか?」と問い合わせたところで「Mさんのお父様のお葬式関連の呟きをすること自体が非常識で、不快感を覚えた」と、答えられたそうです。
「本当に死を悲しんでいたら、そんなことは出来ない。お父様が可哀想」とまで言われたそうです。

 私がこの話を聞いたのは、それから一月後のことです。

 MさんとYさんには共通の知り合いが多く、誰にも言えなかった。けれど、私にはああ言ってしまった手前、都合良く泣き付くことも出来なかった、と。
 彼女は泣きながら言いました。「梟もお父様が亡くなったばかりなのに、ごめんね。他にも話を聞いてくれるって言ってくれる方も居るけど、何度も同じことを聞かせるのも申し訳なくて…」と。
 二年半経った今でも、彼女は乗り越えられてはいない。後追いを考えては耐え、思い返しては泣く日も少なくはない。

 今では、お互いに父親の思い出を笑ったり、時には涙ながらに語ったり、普通に遊んだりもするようになりました。
 しかし、今でも当時の彼女の言葉を額面通りに受け取り、或る意味、突き放してしまっていたことを後悔もしております。

 そして、その半年後。違うフォロワーさんのお父様が旅立たれました。

 そのフォロワーさん(Aさん)のお父様も末期ガンで、告知・余命宣告をされた際など折々に、個人的に相談を受けておりました。お役に立てたかは不明ですが、彼女自身が厳しい現実を真摯に受け止めようと努めていた最中であった事は確かです。
  今は只、良き旅立ちであったことを祈るばかりです。

 Aさんは、お父様が危篤状態の際から、訃報告知までツイッターで呟き続けておりました。
 幸いな事に、彼女のフォロワーさんは精神的に大人で、とても心優しい方が多いようで、温かで彼女を気遣うコメントやメッセージが多く届いているご様子でした。その点は安心致しました。

 Aさんは、お父様関連の話以外にも、普段日常的に語っているようなネタ的話や、リツイートなども呟いておりました。
 敢えて日常と同じ言動をする事により、精神の均衡を図っているのだと思います。突然過ぎて、未だに実感が湧かなかったり、式の支度で慌ただしいからと云う事もあるのでしょう。

 御本人も「ツイッターに来ると気が紛れるなぁ」と、呟かれておりました。
 私も、父が旅立った当時には、ツイッターを眺めて「みんな生きてるなぁ、やっぱり楽しい話を眺めるだけでも幸せだなぁ」と思っておりましたので、その気持ちはよく分かります。

 そこに来るだけで、安らぐ事もあるのです。

 Aさんも私も、旅立ちについて、それなりの覚悟はしておりました。事情を知っていた方もいらっしゃると思います。
 ただ、今回のことで初めて知った方や、どんな言葉を掛ければ良いものかと、悩んでいる方も多かったことでしょう。
 悩んだ末に何も伝えない事も、間違いではないと、私はそう思います。

 ただ、前述のMさんが言われたような「非常識だ・御家族の死を本当に悲しんではいない」等との勘違いだけはして欲しくはないです。

 Aさんの呟きを全て確認していなければ、そう見えなくもないとも言えますが、決してそんな事はないのです。それから、波が緩やかに訪れてきたのではないかと思います。

 これは、私のフォロワーさんであるAさんやMさんだけではなく、ツイッターやSNSで訃報告知をする方・受けた方、全ての方に言える事です。
 悲しみ方や乗り越え方・受け止め方は、人それぞれ。その自由を認め、受け入れられなければ、敢えて傷付けるような事はせず、受け流して頂きたいのです。

 そして、コメントやメッセージを送ったのに、返信を返している相手とそうでない相手が居る事も、深く気になさらないで頂きたいのです。
 精神的に落ち着いておらず、追い付いていないのだと思います。「返信不要ですので」と一言添えるだけでも、相手の気がとても楽になるかと思います。

 何かを伝えたいのに、うまく伝え方が分からない時には「○○さんも、体に気を付けて」や「いつでも話を聞くよ」と心配していることが伝わる一言や、相手が望んでいれば、普段のノリで話し掛けつつ「少しは休んで」などと伝えるのも宜しいかと思います。
 定型的なお悔やみの言葉でも大丈夫です。

 そして、ご遺族の方が落ち着いた際に(実際には心の整理はついていないかとは思いますが)話を聞いて欲しいとお願いされた方は、その対話の最後に「辛かったことを話してくれて、有難う」と伝えても良いかと思います。
 この一言で、話した方も精神的に楽になるのではないでしょうか。

 勿論、普段通りに面白おかしく接して欲しい、と御本人が願ってらしていたのでしたら、その様に接すれば宜しいかと思います。
 接し方が分からないからといって、腫れ物に触れるように気を遣いすぎる事も、重荷になることがございますので。

  以上です。お読み下さった方に幸いがあります様に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

哲学と梟

SNSなどで訃報告知をされた場合、その対応を悩んでいる方へ。

大切な方に旅立たれ、深い悲しみを抱く方に。 旅立った方へ、心からの愛を込めて。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。