_The原則_書籍表紙デザイン

人生の姿勢を正す。

あなたの人生が幸福で満たされるのか?

それとも、

そこそこの満足で満たされるのか?

また、

不満を多く体験するのか?

もしくわ、

不満しかない人生を生きるのか?

それを「決めるもの」は、

あなた自身の人生に対する、

あなたの『姿勢』次第となります。

例えば、あなたは、

あなたの身に起こったことで、
あなたは不幸だと思っているとします。

だけど、実際は、

あなたが不幸になることを「選んだ」からこそ、
あなたは不幸になっているだけです。


それは、どんな出来事が起ころうとも、


だれも「あなたの同意」なくして、
あなたを不幸にすることはできないからです。


どれだけ他人が、あなたを傷つけても、
どれだけあなたが、不運な目にあっても、

どれだけあなたが、辛かったとしてもです。


この考えがそう簡単に「納得できるものではない」

ことは、ぼく自身もよくわかっています。

だけど、
この考えを採用しない限りは、

あなたは一生、『あなたの人生の成長』を、

邪魔してしまいます。

だれでも、本当に辛い経験や、

他人の責任にしたいこと、

また、不運や不幸に見舞われたことが、

必ずあります。

だれにでも、必ずです。

その体験は、とっても心が辛く、痛く、

悲しく、冷たくなったり、

生きることがとっても嫌になったり、

先を見れない絶望を味わったり、

孤独で、さみしい思いをしたり、

やり場のない感情を持て余したり

してしまいます。

それでも、そんな状況の中でさえ、

あなたには『選択の自由』があります。

極端に言えば、

「傷つくこと」を選ぶこともできれば、
「傷つかないこと」を、

あなた自身で選ぶこともできます。

それは、


だれも、あなたの内面にある『選択の自由』を、
決して奪うことはできないからです。


ぼくたちには、どんな人の「内側」にも、

とてつもない困難な状況や、

どうしようもない環境の中であってさえも、

自分の意思に従って『選択する力』を

発揮することができるという、

そんな「自由」を持っています。


不治の病や、重度の障害、重たい病気に

直面している人が、

この上ない困難に苦しみながらも、


決して、

その状況に負けない姿を目にした時に、


ぼくたちは、その誠実な姿や、大きな勇気に、
感動をおぼえ、

とても励まされるはずです。


そして、その姿にこそ、

『本来の人間』としての
崇高さを見るはずです。

それは決して、

「特別な人だけに与えられたもの」ではなくて、

必ずどんな人の内面にでも備わっている

「人としての力」になります。

あなたにも、

ぼくにも、

すれ違う人にでも、

近所の人にでも、

「必ず備わっている力」になります。

だれにでも平等に与えられた権利であり、
だれもが同じ姿になれる能力を持っています。


ただ、違うことは、

『生きる姿勢』です。


人間としての崇高さを発揮させるためには、


「みずから選ぶ」という『姿勢』が、
必ず必要になります。

あなたがどんな状況や、環境にいても、
あなたがどんな『姿勢』を持って生きているのか?

それこそが、あなたという人を、
成長させる「種」になっています。

あなたは普段、どんな姿勢で、

あなたの人生を生きているでしょうか?

『あなたの生きる姿勢』に、

どこまでも忠実に、

紳士に向き合えば向き合うほど、

あなたという人間の中にある「潜在する力」が、

発揮されることになります。

その「力」が、あなたを成長させ、

あなたの人生に幸福を呼び込んできます。

あなたが、

あなたの幸福を決めることができるからこそ、

どんな体験をしても、

その体験が、

あなたにとっての幸福となりえます。

ただし、その逆もしかりです。

あなたが、

あなたの不幸を決めることができるからこそ、

どんな体験をしても、

その体験が、

あなたにとっての不幸ともなりえます。

それは、

あなたが、あなたの人生に対して、

どのような『姿勢』であるのか?によって、

決めることができます。

不幸を楽しみたいと思っている人は、

『不幸になること』を選び、

幸福を楽しみたいと思っている人は、

『幸福になること』を選びます。

そこには、運命やカルマは一切存在せずに、

ただ「あなたの選択の自由」だけが、

存在しています。

あなたがどう在りたいのか?は、

すべてあなたが決めることができます。

どれだけ辛い状況であっても、

どれだけ過酷な環境であっても、

最後に選ぶことができるのは、

「あなた」だけです。

その状況を、

その環境を、

不幸なものにするのか?

それとも、

幸福なものにするのか?

それを決めているのは、

あなたの内側にある『選択の自由』です。

人は必ず最後の瞬間を迎えます。

だからこそ、

あなたの命がある限り、

あなたは、あなたを、

精一杯『幸福』にして生きることを、

選択してあげてください。


本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


いつもあなたに良い運気が流れこむように、
あなた自身を生きてほしいと想いを込めて。


Chao!

西野たかお/nishino takao

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

西野 たかお

Life Travelerという 「命の可能性をどこまでも追求する生き方」を 「情報」として発信しながら、 ビジネスを展開しています。 ライン@登録者に電子書籍『新しいレベルの思考』 を無料プレゼントしています。 @hnh2651yで検索できます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。