見出し画像

「やりたいこと」は、嫉妬と向き合い続けたその先に

「私が本当にやりたいことって、何だろう?」

どの大学を受験しようかと迷っていた高校生のころ、大学生になり就活を考え始めたタイミング、社会人になって仕事に疲弊していたとき、そしてつい最近も。何なら今だって。ずっとずっと考えている。

まわりはみんな「やりたいこと」を明確に持っていて、そこに向かってまっすぐ突き進んでいるように見えていた。やりたいことも好きなこともなかった私は焦り、やみくもに歩みを進めては「やっぱ違うかも」と思い、「私がやりたいことって……」とまた悩み始める。

悩んだ末、やりたいこととして「書くこと」を選び、会社を辞めてライターとして独立することにしたのは、「嫉妬」を感じたのがきっかけだった。

その頃は、いろんなWebメディアの記事をとにかく読みあさっていた。もちろん読者として楽しんではいたのだけど、たまに「うわぁ、いい文章だな」というものがあると、心の奥底でチリチリと炎がはぜるような感覚になることがあった。当時はまだライターではなかったけどブログ等で文章は細々と書いていて、「自分にはこんなにいいものは書けない」という悔しさや、「私も、もう少しがんばれば、もしかしたら手が届くんじゃないの」というおこがましい気持ちなど色々な感情が湧き上がってきて、それらは一言で言うと「嫉妬」だった。

「嫉妬を感じるというのは、自分がそれを手に入れたいと思っているということ。よくない感情として押し込めず、嫉妬と向き合ってみましょう」というような内容を、何かの本で読んだことがある。まさに私は、嫉妬をよくないものとして、無意識のうちに押し込めていた。

真正面から「やりたいことってなんだろう?」と考えていたときはいくら考えても思い浮かばなかった。でも、嫉妬を感じたときにふと本のフレーズを思い出して、「あぁ、私はこれをやりたいのかもしれない」と思った。そして、書くことを選びライターになった。

だからといって「やりたいことが見つかったね、はい終了!」ではない。ライターになってからもずっと「私が書きたいことって何だろう?」と、自分自身に問い続けている。

一番最初は、前職でITスタートアップに携わっていたから、テクノロジー界隈の記事を専門で書くライターになろうかと思っていた。でもその分野は「できること」ではあったけど「やりたいこと」ではなかったことに、実際に記事を書き始めてから気づいた。

「できること」を活かして仕事を得ることが間違っているとは思わない。でも、「やりたいこと」を追求しよう、と息巻いて会社を辞めて独立したばかりのころは、「これはやりたいことじゃない」と悩んだ。自分の思いとは裏腹にどんどん依頼が来るようになったことで、気持ちの面でもバランスが取れなくなった。仕事と割り切ってやればよかったんだろうけど、その時の私にはそれができなかった。いくつかの取引先には依頼をストップしてほしいと申し出て、ほとんど仕事がないような時期もあった。

仕事がないときには、ブログを書いたり、本を読んだり、絵を描いたりして過ごしていた。その間も、「私が本当に書きたいことって、何だろう?」という問いは、ずっと頭の中にあった。

ライターとして独立したあとに、「てくてくレトロ」というブログを立ち上げた。猫の「みたら氏」と人間の女の子「わたしちゃん」が、下町や純喫茶などレトロなおさんぽスポットをめぐる……という内容だ。記事の冒頭は自身の経験を交えたエッセイ的な文章。めぐるのは実在の場所だけど、架空のキャラクターの会話部分はフィクション。「地図のイラストを描いてみたいな」と思って、それに合わせた記事を書いたりもする。これやってみたいな、と思いついたことを好き勝手試せる、自分の庭のような場所が欲しくて作ったサイトだ。

はたから見たら、ただ遊んでいるように見えるだろう。いや、実際遊んでいるだけだから、間違ってはいないんだけど。でも、手を動かし続けることで、見えてくることもある。

「これは本当にやりたいことかどうか」なんて、頭でいくら考えていてもわからない。「考えるな、感じろ!」と言ったのはたしか、ブルースリーだったっけ。「頭で考えてから動くと行動が遅くなるから、感じて即動け」という意味だそう。本来的には武術の話なんだろうけど、迷ったときにはこの言葉をよく思い出す。感覚的に「これやりたいな」と思ったらまず体感してみるのが大事だ、ということだと自分なりに解釈している。

「考えるな、感じろ」で手を動かし続けるうちに、ぼんやりしていたものが徐々に見えてきた。「私が本当に書きたいものって、何だろう?」に対する答えになりそうなものはこれかもしれない、と思えるもの。その思いは、先ほどあるインタビュー記事を読んで強烈な嫉妬を覚えたことで、より強くなった。

それは、たまたまネットで見かけた記事。学びになるかもと思って開いたものだったが、読んでいるうちにムクムクと嫉妬、そして自分に対する怒りが湧き上がってきた。

記事に取り上げられていたのは、私が「やりたいかも」と思った分野で成功している人。「やりたいかも」と思ったことに対してひとつも行動を起こしていない私が嫉妬を抱くのはむちゃくちゃおこがましいのは百も承知だ。それでも、嫉妬をしてしまう。何故かって、本当にやりたいと思っていることだから。なのに何もしていないから、自分に対して怒りが湧いてきた。「学びとか言ってないでさっさと行動を起こさないと」と反省した。

やりたいことなんて追いかけなくてもそれなりに楽しく生きていけるし、いちいち嫉妬して、できない自分に幻滅して、うまくいくかどうかもわからないのに歩みを進めるのはしんどい……と思っていた。少し前までは。

でも、「私なんて、ライターになれないよ」と諦めていたところから色々なきっかけが重なってライターを目指すことに決め、まだ理想とするところにはたどりついていないけど「ライター」と名乗っても差し支えないかな……と思えるように、やっとなってきた。そしたら、「あれ、もうちょっと夢見ていいんじゃないの?」と思うようになったのだ。

昔だったら嫉妬を感じても「いやいや、私なんて……」とその気持ちをないものとしていたけど、「いやいや、私だって!」と、図々しいことを考えるようになった。

嫉妬を嫉妬のまま終わらせて何も行動を起こさなかったら、ただのイタイ奴になってしまうので、そこは気をつけながら。嫉妬に丁寧に向き合い続けたその先に何が起こるのかを、見てみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、チョコを買おうと思います。

ありがとうございます!
18

中村 英里

浅草出身のフリーライター。街歩き記事やインタビュー、エッセイを執筆|イラスト、写真、読書、純喫茶めぐりが好き|おさんぽWebマガジン「てくてくレトロ」運営→https://tekutekuretro.life |Web Site→https://2erire7.com/

エッセイまとめ

エッセイをまとめました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。