見出し画像

同じことを繰り返している愚かな自分からの、また同じことを繰り返すであろう未来の自分に対する警告

死ぬほど忙しかった9月がやっと終わる。

まだ一部残っているものもあるけれど、ひとまずはふつうにごはんを食べて、ふつうに眠れる生活には戻れそう。

いそがしいアピールかって? そんなに売れっ子なんですかって? いいえ、単にキャパが小さいだけです。私よりも多くの原稿をかかえている人は、きっとたくさんいるはず。辛いんです、大変でしたと言って同情を買いたいわけでもない。これは、毎度同じことを繰り返している愚かな自分からの、また同じことを繰り返すであろう未来の自分に対する警告だ。

あなたねぇ、断るのがもったいないからって仕事受けまくってるんじゃないよ。めちゃくちゃやりたいわけじゃないけど空いてるから受けた仕事のせいで、やりたい仕事に十分な時間を割けない、なんてことはない? とりあえずで受けた仕事で予定うめちゃったら、やりたい仕事が来てもキャパオーバーで受けられなくてチャンスを逃しちゃうよ。スケジュールの余白を恐れるな。

「時間ができたらやろう」であとまわしにしているもの、それいつやるの? 「やりたいことリスト」に数年越しで書いてる項目いくつあるの? あれ、そもそも最近リストも更新してないんじゃないの。

感覚じゃなくて、頭で考えて選んだときにだいたい後悔するって、そろそろ学ぼうよ。選ぶ時点で「多分これ違うだろうなぁ」って思うんだけど、なぜかそっちを選んでしまうんだよね。自分でも謎。

これから何度も、「選択する」場面は出てくると思うけれど、絶対に絶対に、頭で考えてはならない。心が「こっち!」と言う方を選べばいい。頭で考えてしまうのは、将来を案じすぎてしまうから。でも、「あなたは先のことを心配しすぎるけど、そんなに気にしなくて大丈夫」ってだいぶ昔に新大久保で手相見てもらったときにも言われたし大丈夫。たぶん。きっと。石橋を叩き割って生きていくのはもうやめましょう。

このnoteはたまに見返すといいよ。何なら似たような内容の記事また書けばいいよ。何回でも何回でも、同じことを繰り返さなくなるまで。

この警告が、最後になったらいいな。まわりを優先して、自分のことをおろそかにしないで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、チョコを買おうと思います。

ありがとうございます!
14

中村 英里

浅草出身のフリーライター。街歩き記事やインタビュー、エッセイを執筆|イラスト、写真、読書、純喫茶めぐりが好き|おさんぽWebマガジン「てくてくレトロ」運営→https://tekutekuretro.life |Web Site→https://2erire7.com/

エッセイまとめ

エッセイをまとめました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。