見出し画像

大人は楽しいよ 【#2 3歳の頃の自分に手紙を書いてください】

文章の書き手が繋がる輪っか「tap」の共同マガジン。
3歳の私に手紙、というお題が出た。

こんにちは、30年後のあなたですよ……なんて書き出そうとして、ふと気づいた。

さんじゅう……30年? 30年って長っっっ!

今年は、平成30年。
平成が終わりを迎えようとしているこの年に、33歳になる。

妹が平成生まれなので、職場で後輩に「平成生まれです」と言われることにさほど驚きはなかったが、平成をまるまる生き切ったと思うと、それなりの感慨はある。

***

「30歳って、もっと大人だと思ってたよね」

30歳を迎えたとき、友人たちと口々にそう言っていた。

でも思う。

私たち、20歳になった時も、同じことを言ってなかった?

「大人になれよ」

子どもじみた行動を諭すときに使われる言葉。

"大人"になれって、どういうことだろう。

迷わなくなること?
聞き分けがよくなること?
諦めることに慣れること?

歳を重ねるほどに気づく。
"大人"なんてものは、存在しないということに。

"大人"というのは、架空の存在なのだ。
明確なようで曖昧な、定義できない存在。

三つ子の魂百まで、というが、本質的な部分は、幼いころのものがベースになっているのだと思う。

成長していって、学校や社会など、外の世界との関わりから得たものをそのベースに重ねていって、自分を形づくる。そんなイメージがある。

私自身は、頭の中の感覚としては、20代後半くらいに自分自身の軸となる考え方、ひとりの人間としての私が、固まってきたような気がしている。

「高校生くらいから、頭の中は変わってないかな」
と言う人もいるから、いつくらいに固まるかは、おそらく人によって違う。

***

自分が固まった状態を、大人と呼ぶのだろうか。

でも私たちは、いくつになっても、「もっと大人だと思ってた」と口にする。

きっと、この先も。

いくつになっても迷うし、悩む。
聞き分けはよくないし、諦めも悪い。

多数決で多いほうを選ぶこと。
空気を読むこと。
諦めることを受け入れるのが、"大人"なのだと。

そう言われるのは、窮屈で仕方なかった。
でも、みんなは当たり前のように、ちゃんとやっている。

だから私も、"大人"にならなきゃ。
そんな風に思って、ずっと無理をしていた。

30過ぎで、独身で、「好きなことを仕事にしたい!」と息巻いて、仕事のアテもなく会社を辞めた。

でも、これまでの人生の中で、今が一番、充実している。

生きている実感がある。

好き勝手生きている私は、"大人"じゃないんだろうか。

でも、諦めることが"大人"なんだとしたら、子どもだねと笑われながら、諦めの悪い私でいたい。

***

30歳を迎えたころ、10歳ほど年上の知り合いの女性に、「30代なんてまだまだ、悩んでていいのよ。40歳になったって、いろいろあるんだから」と言われた。

その人は、女性の起業がまだ珍しい10年以上前、32歳のときにカウンセリング事業を立ち上げて、現在12年目。

事業の拡大やらプロジェクトの立ち上げやらもしつつ、2年前に急に大学院に通う! と宣言してMBAも取得したりと、なんともパワフルな方だ。

自分が思う道を進もうとする人は少数派で、ほかの多くの人よりも大変そうに見える。

でも、本人はその大変さも楽しんでいるのだ。
なぜって、やりたいことだから。

わがままで、自分の意思を曲げないその女性は、やりたいことをガマンできない。
子どものような、欲望に忠実な人なのだ。

好きなことに向き合おうと、歩きはじめた私。

この先には、何が待っているのだろうか。
多分、まだまだ悩むし迷うし、傷ついたりもするんだろうな。

でも、それも悪くないか。

そう思える余裕が出てきたのは、大人になったということなのか。
それなら、大人も悪くないな。

***

さて、3歳の私。

ここまでポカンと口を開けながら、鼻水たらしながらも、話を聞いてくれてありがとう。

意味わかんないよね、何言ってるか。

え? 「お姉さん誰」って?
三十路過ぎに「お姉さん」と呼びかけるあたり、母の教育の賜物だわね。

私も子どもができたら、この辺の教育はしっかりしとこう。

まぁ何が言いたいかというと、大人って楽しいよってこと。
だから、安心してそのままでいたらいい。

あと「学生のうちに遊んでおけ」なんて言う"大人"とは、付き合わないほうがいいよ。

周りにいる人は、自分を映す鏡だから。

遊んでるみたいに仕事をしている人と、付き合うのがいい。

失敗しても、大丈夫。
すべてのことは、とらえ方ひとつで学びになるから。

じゃあね、楽しんで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、チョコを買おうと思います。

ありがとうございます!
8

中村 英里

浅草出身のフリーライター。街歩き記事やインタビュー、エッセイを執筆|イラスト、写真、読書、純喫茶めぐりが好き|おさんぽWebマガジン「てくてくレトロ」運営→https://tekutekuretro.life |Web Site→https://2erire7.com/

コメント2件

素敵です!とっても勇気出ました^ ^
みさとんさん、ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。