イヤホンを選ぶような気軽さで「フリーランス」になるという選択(天狼院 寄稿)

「どうして、フリーランスになったんですか?」

この質問をされると、いつもどう答えようかと、少し戸惑ってしまう。

なぜなら、きっかけは体調不良だったから。

去年の4月に、私は転職をした。
そして、今年の4月に、その会社を辞めた。

転職先は、プログラミングスクールの広報の仕事だった。

今後の仕事について悩んでいるときに、相談しようと知人のもとをたずねたところ「ウチで働かない?」と誘われたのだ。

当時、そのスクールはまだできて一年くらいだった。

学校を複数運営している会社に勤める知人が、社内ベンチャーのようなかたちで立ち上げた学校で、社員4人で仕事をまわしている状況だった。

めちゃくちゃ忙しいんだろうな、というのは容易に想像できた。

それまでも何度か転職を経験していたが、いつも数千人規模の大手ばかりを選んで働いてきた。
大手=安心・ブランド、なんて意識があったから。

でも、昔から「個人で仕事をしていきたい」という気持ちはあって、そこまでの道のりとして、少人数のスタートアップ系の会社でがっつり仕事をする経験を積みたい、という気持ちもあった。

「ウチで働かない?」と言われた段階で、即返事はしなかったが、もう心の中では転職しようと決めていた。

そして、怒涛の日々が始まった。

まずは仕事を覚えましょう、という慣らし期間なんてものは存在しなかった。
入社翌日にはすでに会食が入っていたし、仕事に使うツールの使い方を教えてもらえる、ということもない。
社員は、私も含めて5人。みんな自分の仕事に手一杯だった。

さらに言うと、「広報」という役割の人はもともといなかったので、前任からの引き継ぎもない。

プレスリリースを出すとか、最低限のことだけをやってきた中で、もっと社外広報に力を入れたいということで人を探していたところに、渡りに船状態で私がやってきた、というわけだ。

だから、すでにある膨大な仕事をこなすことに加えて、さらに新しい仕事をつくりだすことも求められた。

あの時は、起きている時間は全部仕事のことを考えていたし、平日も休日もなく、本当にずっと働いていた。

入社してから体調を崩すまでの7ヶ月間、丸一日休む日は数えるほどしかなかったと思う。

そしてだんだん、体に異常が起きてきた。

▼全文はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

中村 英里

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。