見出し画像

7・11真珠記念日

それは確かに涙であった。

空高くから降る、雨、雨、雨。

大粒の雨が、夜気に磨かれて珠となる。

世界に散らばる透明な珠は、海の中で静かに眠る。

暗闇の底で、黒い真珠になる夢を見る。

波打ち際の白い泡たちも、ネックレスになる日を夢見ている無邪気な硝子質の子供たち。

それは確かに涙であった。

悲しくなくとも、涙は零れる。

そこらじゅうに、雨は降る。

透明な涙は雨であり、梅雨時期の日本によく落ちる。

それは確かに真珠であった。

黒服の、あの人の首にひっそりと巻かれた一連の真珠であった。

名残を惜しんで降る雨が、傘をさしてもどこからか首元の真珠を濡らした。

それは確かに涙であった。

そして確かに、雨であった。

それは確かに、真珠になった。

夜気に磨かれ、美珠になった。

世界中に眠る真珠のはなし。


7.11 真珠記念日
#詩 #小説 #真珠記念日 #真珠 #涙 #JAM365 #日めくりノベル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ウサギとタヌキにスキが伝わりました ! ( 'ω' )و //
1

藤堂にがつ / JAM365

何か起きたり起きなかったり。長かったり短かったり。1日1話 ◯◯の日 をモチーフに物語を書きました。心のひと休みに是非覗いてみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。