たった一晩    (詩)

君からの連絡が途絶えた


たった一晩だけ


私はその一晩で一年分の泪を流した

私はその一晩でこの先一年分、君を愛した

私はその一晩で一年ぶりにラブレターを書いた

私はその一晩で過去の一年分を反省した

私はその一晩で一年分の雨音を聴いた

私はその一晩で一年後の私を想像した

私はその一晩が一年よりも長く感じた


それだけ、君のことが好きなことに気がついた

私はこの一晩を忘れたくないと思った

君を愛した証を覚えておきたいと思った


私は確かに、君を愛していた


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださるだけで嬉しいので何も求めておりません( ˘ᵕ˘ )

刹那的なこの出会いに、感謝します☆
4

星 七菜子

主に恋愛、仕事、人間関係のお話。 言葉遣い、言葉選びに共感してもらえる方と出逢えたら幸せです。 撮った写真や、撮って頂いた写真を添えて。 ショートストーリー、詩、小説、ノンフィクション、妄想日記……など。 気ままに統一感なしに書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。