ともあれ、アイドル楽曲大賞は滅ぼされるべきであると考える次第である。

アイドル楽曲大賞なるイベントが、今年も開催されるようだ。 残念でならない。

主宰者はその年のアイドル楽曲の把握と、投じられた票の数ではなく、投票者それぞれが選んだ「理由」に意味と価値があり、単なる人気投票イベントではないと詭弁を弄しているが、実質的に「単なる人気投票イベント」として位置付けられ、投票が呼びかけられ、多数派の多数派に依る多数派の為の祭りに堕してしまっている。

アイドル楽曲大賞なるイベントに於いて、唯一評価に値するのはノミネート表である。
アイドルというものの定義が拡がり続け、アイドルとアイドルでないものの境目が曖昧になるとともに、その年に発表されたアイドルの楽曲の全貌を把握することも不可能になってしまっている。
それを可能な限り把握しようとする試みが、推薦に依るノミネート表の作成である。

主宰者側で把握しきれない部分を集合知で補おうとし、完璧ならざるまでも最善を尽くそうとする営為は腐すべきで無いし、編まれたリストは貴重な資料となる。
しかしそれは、人気投票を機能させるための誘引剤の副産物に過ぎず、功罪を天秤に掛ければ、罪の方に傾くように、私には感じられる。

人気投票の結果だけが抜き出されて販促に使われる。
投票に至る動機や理由は閑却され、楽曲の良し悪しが人気の多寡に依って規定されてしまう。

集合知によるアーカイブには意味があると思うが、楽曲の価値を量的な基準で決めつける仕組みに誰も異議を申し立てないのは、私の理解の外にある。

ともあれ、アイドル楽曲大賞は滅ぼされるべきであると考える次第である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

コメント4件

そんな他力本願なこと言ってないで、己の手で滅ぼしてみせなさいな。
少なくともあなたよりは能動的に行動しておりますので。
主催者にも直接問題提起しており、他力本願ではないと自負しております。
具体的な反論であれば、聞く用意はあります。
むしろ聞きたい。
通りすがりの言い捨ての悪罵以上のものを、是非お願いしたい。
僕が批判したのは「滅ぼされるべき」という他力本願的な表現の部分で、能動的に行動してるのならむしろ激励したいところだよ。
ちなみに僕はアイドル楽曲大賞が滅ぼされても滅ぼされなくてもどちらでもいいけれど、多様な評価軸が並立するのならそれに越したことはないねえ。
例えばその年の一定数以上のアイドルの楽曲を聴いていて、かつ一定以上の音楽的素養がある人の票だけで決める部門を作るとか、食べログみたいに自分の嗜好に近い投票者を参考にできるようにするとか、まあそんなところだろうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。