IDGとSequiaの2019年Q1投資先37社



久しぶりのVC投資先分析になるので、VC自体の分析も簡単にしたいと思います。

中国VCの現状


まずVC全体の指標です。

年度ごとの調達数と投資金額の合計です。(グラフでなくて恐縮です)

2016年が18416で件数ではピークなのが分かります。しかし2018年は16年当時の70%ぐらいの件数でありながら、金額は150%増加しているのが分かります。

下記は2017年1月から2019年6月までの毎月の投資件数と金額のグラフです。投資件数は2017年12月をピークに、金額も2018年4月をピークに下降トレンドです。

2019年に入っても投資件数は下がり続けています。(2月は旧正月があり稼働日が通常の1/3ぐらい)

この続きをみるには

この続き:3,087文字/画像12枚
記事を購入する

IDGとSequiaの2019年Q1投資先37社

家田昇悟

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

家田昇悟

上海で小売のデジタル化を支援する企業で部門の統括 ←merpayで決済事業 ←mercariでPdM ←上海で日本酒営業

中国インターネット研究所

目覚ましい勢いで成長する中国のインターネット。 中国インターネットと小売の「今」を理解できる情報を発信していきます。 A:中国小売最前線 AlibabaとTencentを中心に動く、中国小売業界の最新情報を毎月1回発信 B:中国スタートアップ最前線 Alibaba&An...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。