イマドキの中国スタートアップ「スマホ買取」と「化粧品に特化したB向けCRM」など〜Alibabaグループが2018年Q2で投資した34社〜


中国インターネット研究所の紹介

Baidu、Alibaba、Tencent、Sequoia、ZhenFund、IDGから毎月2社の投資先をリスト化して公開すると共に、その中でも中国の経済情勢を反映する特徴的なスタートアップを数社ピックアップして紹介しています。

Baidu、Alibaba、TencentはBATと呼ばれ、中国インターネット業界を牛耳っています。BATがスタートアップに占める投資の割合は全投資の40%を超えています。
BATの投資先を継続的にウォッチすることは中国インターネットつまり、世界のインターネットの最先端を見ることと同義であると言えるでしょう。

また、Sequoia、ZhenFund、IDGの3社は中国のアーリーステージを牽引するTOPVC3社であり、年間約100件の投資を各社実行しています。
この3社の投資動向を把握することは、「次」のインターネット世代のサービスもしくはインターネットの「次」に生まれるものを探すことと言えるでしょう。

メディアが報道する中国企業はPVが取れそう、話題になりそうといったものしかないのが現状です。
この「中国インターネット研究所」では、世界で最も進む中国でインターネット企業がどこに向かおうとしているかを、最新の投資情報リストから大まかな傾向をキャッチアップすると共に、投資先から見えてくる中国の旬な経済情勢を理解するのを目標にしています。


今月のTopic

Alibaba,AntFinacial(Alibaba傘下の金融コングロマリット),Cainiao(Alibaba傘下の物流ネットワーク提供会社)が2018年Q2に投資した34社のリストと特徴的なスタートアップ2社を取り上げます。


この続きをみるには

この続き:2,441文字/画像9枚
記事を購入する

イマドキの中国スタートアップ「スマホ買取」と「化粧品に特化したB向けCRM」など〜Alibabaグループが2018年Q2で投資した34社〜

家田昇悟

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

家田昇悟

中国インターネット研究所

目覚ましい勢いで成長する中国のインターネット。 中国インターネットの「今」を理解できる情報を発信していきます。 今までは投資情報が中心でしたが、今後はデジタル化、経営戦略、ガバナンスなど「中国経営から学ぶ」をテーマに参考になるケーススタディを月2回取り上げていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。