バグった情緒で薄氷を踏む

地獄で信じられるのはスイーツだけ

母が自殺したいと言う

私のメンタルがグズグズどうしようもない底辺なのだが、近頃は母もキてるみたいだ。

うちは母子家庭で母が一家の大黒柱である。
貯金も無く、頼れる人もいない、
そんな状況で介護職員として夜勤もこなしながら家事もやっていた母は疲れてしまったみたいだった。

本来なら私が来年には就職して支えてあげるはずだったのに、グズグズしているから、
崩壊へ向かっている。

母は介護の仕事は辞めて他の仕事がしたいそうだ

もっとみる

独りを肯定するために深夜を生きる

皆、生きている。
金を稼ぎ、飯を食い、夜に寝て朝起き、コミュニケーションをしている。

今この世界にいるのは「生きている」人だけ、という事実を認識すると怖くて頭を掻きむしりたくなる。
私なんて生きているに値しない。
今日の私は生きているべきではなかった。
開けないLINE、通知は100を超えている。バックれた面接、残る不在着信。足の踏み場のない床、冬用の布団で眠る。いつまでも続く胸焼け、大好きなサ

もっとみる

カウンセリングが上手くいかないんだが

私は貧困大学生なので引きこもり状態が続いているけれど、心療内科には行っていない。
行けば薬を貰えるのだろうということは分かるが、とにかく収入がないため、親のスネをかじった生活にプラスして通院費用をもらうのが申し訳なく、なかなか言い出せていない。

仕方がないので私は「学生カウンセリング」を利用している。大学に臨床心理士が常駐しており、無料で話を聞いてもらえるのだ。
学校行くの無理なのに学校でしか話

もっとみる

「意識高い系(笑)」だった時の話

私はいわゆる「意識高い系」と言われる方達のことを"痛い"と思っているわけではない。
ただ私の場合は情報に振り回され自分を見失ったので(笑)かなと思っている。

「意識高い系」というのは、

自分のことを過剰にアピールし、中身が伴っていない状態。前向きすぎて空回りしている、人脈にこだわる、自己啓発に熱心。

のような人を指し、大学生になった途端に増える。

"中身が伴っていない"以外は本当に意識

もっとみる

感受性の強さと感情表現の豊かさは違う

私はお母さんからずっと「あなたは感受性が乏しい」と言われていた。
小さい頃から度々言われていたそれは内面化していて、自分でもそうなだなぁと思っていた。その事に対して劣等感もあった。
お母さんはなんだか悪い事のように言ってる気がするし、自分は人の気持ちが分からない、人として欠けてるのだ、と思っていた。

私はトラブルがあった時や映画を見た時に泣けないタイプだ。
お母さんや弟はよく泣くのだが私は感動し

もっとみる

蛇足的生活

まずい、死にたい、何もいいことがない、何も救いがない、衝動的にどこかにこう書かないといてもたってもいられない。

私は甘いものが大好きだから今日もお菓子を作った。紫芋のクッキー。天板一面に広げてお皿山盛りに出来たクッキーを一人で貪った。
これでいつもは束の間の充足感を得るのだが、なんか今日はいまいちだ、これが美味いのかわからない。しょっぱいものと比較しておいしいというだけで、喜びがない。

夜の高

もっとみる