見出し画像

日本語訳付き英文小説『Are There Neon Lights in My Black Hole? 俺のブラックホールにはネオンの光があるか?』

☆英語の小説サイト、Inkittに投稿しました。


「痛い! 噛んだな! キスの仕方も知らないのか?」
この知らない人が、笑いながら俺の両肩を掴む。彼の手は凄く白くて、暗闇の中でそれはほとんど蛍光色に見えた。

俺達は東京、新宿にある、新しいゲイバーにいる。この辺りにはゲイの人達のためのバーやクラブがたくさんある。客は地元民と旅行者のミックス。

俺は今夜、彼に会ったばかり。彼は俺の所に来て、自己紹介をした。彼は筋肉質で、力強い胸に、大きな腕をしている。まるで軍隊にいる男みたいだ。でも俺は細くて、どっちかと言えば女の子みたい。

彼の名はヒロキという。彼の指には薄っすらと結婚指輪の跡が見えるけど、俺には関係ない。

俺は今夜、絶対に独りになりたくない。

俺は先週元カレに捨てられた! ヤツは、「お前は精神的に不安定だから」と言った。

捨てられた後、俺の心は空っぽになった。なにもしたくない。それが凄く怖い。もし俺の中の、この退屈感が一生残ったらどうすればいい? だから今夜俺は、この馬鹿みたいにうるさいこのゲイバーにやって来た。知ってるヤツが何人かいるけど、今俺にキスしたヒロキに会ったのは初めてだった。

彼はもう一度キスしてくれて、それは前よりもっと優しいキスだった。彼の片手が俺の肩の上にある。その手は温かい。彼はずっとビールを飲んでる。彼の体温を感じる。

彼が俺に囁く。
「君はキュートだね。そそられる感じ」

バーの音楽はうるさい。ロックなんて俺にはなんの関係もない。彼が囁いた時、彼の唇がほとんど俺の耳に触った……俺は微笑むことができない。

店は混んできて、音楽ももっとうるさくなった。俺達はここを出ることにした。

「ジュンヤ、なんでそんなに静かなの?」

騒がしい旅行者の一団が、側を通り過ぎる。

「お前は情緒不安定だからって、誰かに振られた」
「それは面白い。教えて。今、どんな気分なの?」
「なにもしたいことが見付からない。凄く心配で。ブラックホールの中に住んでるみたいな気分」
「俺は大学で心理学の勉強してるんだよ」

ヒロキはマッチョ過ぎて、心理学なんて勉強してるとは思えない。俺はクスクス笑ってしまった。彼はチラっと俺を見て、微笑んだ。

「君はその方がずっと可愛い。ブラックホールの中に住むってどんな感じ?」
「その中にいると、なにも見えないし、なにも感じられない。心だけがその中に浮かんでる。ほんとに怖い。なにもすることがなくて、退屈感だけがあって」
「君は元カレのせいで、ただ少し落ち込んでるんだよ」

俺は寂しい子供みたいに彼の手を握った。

また旅行者のグループが脇を通った。彼等は俺達のことを見て、今まで聞いたことのない外国語でなにかを言っている。ここは、たった数年前まで観光客が来るような所じゃなかった。

みんな楽しんでるみたいだ。俺がもし日本語の通じない外国に旅行して、楽しむことができるんだろうか? 俺は今まで楽しく笑ったことなんてあったのかな? そりゃ、あっただろう。あったに違いない。ほんとかな? 俺ってただ落ち込んでるだけなのかな? だったら気持ちが楽になる。鬱はずっと続いたりしないから。

俺達は、小さなホテルがいっぱいある通りを歩いている。ピカピカ光るネオンが遠くにたくさん見える。俺は急にシャイになってきた。俺の手はもう彼の手の中にない。ゆっくり彼の後ろから歩く。

ブラックホールの中にはなにがあるの? ネオンの光があるの?


Are There Neon Lights in My Black Hole?

“Ouch! You bit me! Don't you know how to kiss?” The stranger laughs and grabs my shoulders. His big hands look so white, almost fluorescent in the dark.

We are in a new gay bar in the Tokyo Shinjyuku area. There are a lot of bars and clubs for gay people around here. The customers are a mixture of locals and tourists.

I just met him tonight. He came to me and introduced himself. He is muscular with a strong chest and large biceps. He looks like a guy in the army but I'm thin, and I look more like a girl.

His name is Hiroki. I see a slight mark of a wedding band on his finger but I don't care. I don't want to be alone tonight desperately.

My ex-boyfriend dumped me last week! He said, “You're emotionally unstable.”

After I was dumped, I felt empty. I don't want to do anything. I'm very scared. What should I do if this boredom remains inside of me the rest of my life? That's why I came here, to this stupid noisy gay bar. I see some people I already knew but I've never met Hiroki. The one who just kissed me.

He kisses me again, more gently this time. One of his hands is on my shoulder. The kiss is nice but I can't smile at him... I look down. My mood is unstable... I feel sad. His hand is warm. He's been drinking beer. I feel his body temperature.

He whispers to me, “Junya, you're so cute... You turn me on.”

The music in the bar is loud. Rock music, it doesn't do anything for me. When he whispered to me, his mouth almost touched my ear... I still can't smile.

The bar is getting crowded and music gets louder. We decide to leave.

“Junya, why are you so quiet?”

There is a group of noisy tourists just passing by.

“Someone dumped me because my mood is unstable.”

“That's interesting! Tell me. What kind of mood are you in right now?”

“I can't find anything I want to do. I'm anxious. It feels like living in a black hole.”

“I'm studying psychology at a university. ”

Hiroki seems too macho to study psychology. I giggled. He glances at me and smiles.

“You're more attractive like that. I want to know more about what it's like living in a black hole.”

“When I'm inside, I can't see or feel anything. Only my mind is floating in it. It's very frightening. There is nothing to do. Just boredom and extreme anxiety inside there.”

“You might have been a little bit depressed because of your ex.”

I hold his hand like a lonely child does.

Another tourist group is passing by. They look at us and say something in a strange language that I've never heard before. This wasn't a tourist place even a few years ago.

Everyone seems like they are having fun. I wonder if I could enjoy a trip in a foreign country where no one can understand Japanese.

Have I ever had fun and laughed like them? Of course, I have. I must have. Is it true? Am I just depressed? Then I might eventually feel better. Depression doesn't last forever.

We're walking down the street that has a lot of small hotels. I can see many colourful flashing neon signs in distance.

I become suddenly shy, my hand isn't in his hand anymore. I'm walking slowly from behind him.

What's inside the black hole? Are there neon lights?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

千本松由季 Official Blog

小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/

英文小説

東京を舞台にした恋愛小説を、英語で書く試み。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。