見出し画像

日本語訳付き英文小説『My Favourite Mood Stabilizer/私の好きな精神安定剤』

英語の小説サイト、Inkittに投稿しました。


「マリ、自殺願望や不安感には必ず理由があるんだ。」
私の精神科医がそう言った。でも私はそんなことない、と思った。
「そんなことないです。どこからともなく湧き上がって来るんです。」

それは昨日のこと。ドクターやナースは私達、双極性障害の患者のことなんて、絶対理解してない。

家に帰る途中、電車の中に座って、私は自分の腕に触ってみた。それは私が子供の頃からの悲しい習慣。家に帰って、私は30分泣いた。

エイジに出会ったのはデートサイト。私には高校生の時以来、彼氏はいなかったから、最初の時はメチャ痛かった。彼は私がヴァージンだと思ってハッピーだった。そんなことバカバカしいと思ったから、私はなにも言わなかった。

3回違うビジネスホテルでセックスしてから、彼は自分のマンションに私を招いた。私はまだ彼のことをそんなに知らなかった。だから彼の所が、若い独身男性にしては、あんまり素敵で広かったからビックリした。

「マリ、一緒におフロに入ろう!」彼が言った。

最初はちょっと恥ずかしかったけど、私は彼と一緒にベッドに行く前に、頭を洗いたかった。その日は一日中雨だった。私は日本の6月の梅雨が大嫌い。私の髪がウツっぽい臭いになる。

「こっちに来て僕の膝に座って。」彼がジャグジーから声を掛けた。

私は、いつも大人の言うことをよく聞くいい子みたいに、彼の膝に座った。彼は私のお尻を掴んで、指を私の中に入れてきた。くすぐったくて、クスクス笑ってしまった。

私は彼のペニスを愛していた。それは3D の、どの角度から見ても凄くカッコよかった。それに、色もよくて、私の中にフィットした……でもそれは多分、ただの私のクレージーな考え。

これが私のデートサイトの言葉。「私は20才のモデルで、エピバルを飲んでます。」

エピバルは双極性障害の治療によく使われる薬。私がエイジを選んだのは、写真を送って来た人達の中で、彼が一番ハンサムだったから。彼は製薬会社で働いていると言っていた。

私は自分の中にペニスが入っている時だけ、普通の人間になったような気がする。

ある朝、私はモデルの仕事で、スタジオに行った。その雑誌は全然聞いたことがなかった。彼等は私にほとんど服を着せなかった。エイジが可愛いと言ってくれた私の胸が、みんなに丸見えだった。私は悲しくなった。エイジのことを考えようと努力した。

撮影が終わると、フォトグラファーが着替えの部屋で待っていた。彼は私にもっといい仕事をやるよ、と言った。そして私にキスし始めた。

私はお金なんて必要なかったし、一流のモデルになりたいわけじゃなかったし、でも、私は彼の大きいペニスが欲しかった。

彼のモノは、エイジのみたいにいい形じゃなかった。私は彼の醜いモノが私の中で動いている間中、エイジのペニスのことを考えていた。

その瞬間、私の精神科医が言ったみたいに、私の自殺願望や不安感にはやっぱり理由があるような気がした。きっとそれ等は、どこかからやって来るんだ。

でも、問題がある。私にはまだ、その理由が分からない。この世界はきっと、エピバルが私に見せている、ただの夢なんだ。


“Mari, there are always reasons why you have suicidal thoughts and anxieties,” my psychiatrist told me.

I didn't agree. “I don't think they come from anywhere. There is no reason.”

That was yesterday. Doctors and nurses never understand us patients who have bipolar disorder.

While I was sitting on the train on the way home, I poked my arm to see if I still existed in this world. I have had this sad habit since I was a child. I cried for half an hour when I got home.

I met Eiji on a dating site. I hadn't had a boyfriend since high school. It hurt like hell the first time. He was happy, he thought I was a virgin. I though that was stupid so I didn't say anything.

After we had sex three times at different business hotels, he invited me to his condo. I still didn't know very much about him. I was surprised that his place was nice and large since he was a young single man.

“Mari, let's take a bath together!” he said.

I was a little shy at first, but I wanted to wash my hair before I went to bed with him. It rained all day that day. I hated the Japanese rainy season in June and the depressing smell was in my hair.

“Come sit on my lap, ” he said from the Jacuzzi.

I went on his lap like a good girl who always listened to adults. He squeezed my butt and inserted his finger into me. It was ticklish and I giggled.

I loved his penis. It was a great shape from all three-dimensional angles. Also the colour was nice and it fit me well... maybe It was just my crazy thoughts.

This was my ad for the dating site, “I am a twenty-year-old model on epival.”

Epival is one of the typical medications that is used for the treatment of bipolar. I picked Eiji because he was the most handsome one among other guys who sent me a photo. He said that he worked for a pharmaceutical company.

I felt like a normal person when a penis is inside of me.

One morning, I went to a studio for a modelling job. I'd never heard of the magazine. They didn't put very much clothing on me. My breasts, that Eiji said were pretty, were visible to everyone. I felt sad. I tried to think about Eiji.

When the photo shoot was over, the photographer waited for me in the change room. He said that he could give me better jobs. He started kissing me.

I didn't need money and I wasn't trying to be the greatest fashion model, but I wanted his big penis inside of me.

His thing wasn't as nice looking as Eiji's. I tried to think about Eiji's penis while he was moving his ugly one.

That moment, like my psychiatrist said, I felt like all my suicidal thoughts and anxieties had reasons. I believed that they did come from somewhere.

There was a problem. I still couldn't figure out what the reasons were. This dream world was made possible because of epival.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

千本松由季 Official Blog

小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/

英文小説

東京を舞台にした恋愛小説を、英語で書く試み。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。