エッセイ 私の小説の書き方58 思い切ってプロの方に、私の小説の講評をお願いした結果。

最近、人の作品を読んで、ああ、こうすればいいんだけどな、という残念な部分がとてもよく分かるようになってきました。しかし、自分の小説は、いいんだかなんなんだか、さっぱり見当がつきません。似たような作品を、量産ばっかりしているような気がして不安に陥り、思い余って、私が以前からnoteで作品を読ませていただいていた、作家の川光俊哉さんに新作の講評をお願いしました。

プロの方にお願いするなんて、身の程知らずのような気もしたし、今、私は精神的にヘロヘロなこともあって悩んだのですが、結果として、とてもよかったと思います。どっち道、私はいつも精神的に安定してないし、「なにを待ってるの?」と自分に言い聞かせたのです。ずっと不安に思っていたことも相談できて、料金もリーズナブルにしていただき、ありがたかったです。

まだ一通り講評を読んだところなのですが、一番思い当たることは、私が一人称の主人公になり切ってないな、ということです。誠という名の主人公が使いそうにない言葉、言いそうにない科白が書かれている、というご指摘が何度もありました。使う言葉を限定するより、もっと登場人物の設定に膨らみを持たせて、言いそうな言葉を増やしてあげたらどうかと思いました。こういうことは、自分では気付きにくい部分だと思います。

自分では目に浮かんでいる登場人物の動作が、読者には伝わっていない。そういうことを読者の立場に立って、もっと気を付けないといけないと反省しております。

微妙な言葉の選択に気を使ってないな、と反省しました。迷った挙句に、適当に書いた言葉を、そぐわないと指摘されて、バレている、と恥ずかしくなりました。

また、特に結末に疑問を投げかけられたのですが、それはこの作品を修正するより、次の作品に生かしたいと思います。

講評について、こちらから質問していいとおっしゃっていただいたので、他のご指摘についてもじっくり考えてみようと思います。

いやいや、まだまだ修行が足りない。

最後になりましたが、私が川光俊哉さんを選んだ理由を述べますと、

夏目漱石も学んだ二松學舎大学で、脚本の創作を教えていらっしゃるということ。
私は常に若い読者を設定して作品を書いているので、若い方にお願いしたかったということ。
私が川光さんの作品が好きだということ。
私も彼のようにいつの日か小説が、太宰治賞の最終候補作に選ばれたらいいな、という願望。
カナダに住んでいる私のために、便宜を図ってくださったこと。

等です。

あ、あとそれから、彼はメタルバンドのボーカルや俳優さんもやってらっしゃるそうで、そういうユニークな面もとても気に入っていました。

今、私の窓から虹の欠片が見えています。今度の作品でも重要なモチーフだった「虹」。いい予感。これからは、もうちょい楽しい小説も書いていきたいです。

この講評については、またご報告します。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

千本松由季 Official Blog

小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/

エッセイ 私の小説の書き方 2019年

こんな日常からヒントを得る。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

プロの方に講評をお願いできるなんてすごい勇気ですね!!

登場人物の言いそうにない台詞、分かる気がします。僕は千本松さんの文章を読んでも感じないのですが、プロの目は誤魔化せないんですね。

あと川光さんが好きになりました。バンドやって、俳優やって、かっこいいーー!!
逢坂さん、こんにちは。そうですよー。いい度胸でしたよ。でも「長編書けないスランプ」から抜け出せそうな気がします。川光さんの歌っているお姿は、彼のTwitterでみられますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。