日本語訳付き英文小説『Just Like My Failed Life 私の失敗した人生のようだ』

☆英語の小説サイト、Inkittに投稿しました。


「リナ、君はナイスな人間なんだから、もっと自分にもナイスにしないと」

昨日、私のセラピストにそう言われた。ずっと考えてるんだけど。きっとこのことは、セラピストのどんな教科書にでも書いてあることだと思うんだけど、私には新鮮な考えだった。そんなこと考えてみたこともなかった。

もう、分かんない! 私は自分が誰なのか分からない。これは私のいつもの暗い疑問。もし自分が誰だか分からなかったら、自分にナイスにすることなんてできない。

「リナ、なんでそんなことで悩んでるの?」
私の彼のケンジが言う。

彼は私の人生に起こった、たった一つのいいこと。彼は今まで会った人の中で、一番陽気な人。いつもいい笑顔をしている。彼の性格は、私のとは全く反対。

私達はパティオに座っている。ここは数日前開店したばかりのカフェ。私と彼の家の真ん中で、東京で一番賑やかなファッションストリートにある。この辺では毎日新しいお店がオープンしている。

私はケンジに聞いてみた。
「私って、どんな風に見える?」

「僕には君は、とても魅力的な若いレディーに見えるよ。考え過ぎちゃダメだよ。それが君の問題なんだ」

私が14才の時、先生が、ある詩を読んでクラスの皆にその意味を説明するように、と言った。私が終わると、先生は、私には想像力が無い、と言った。その冷たい言葉は、もう十年も私の脳の中に残っている。

「私には想像力が全然無い」
私はそれをまた言ってしまった。ケンジにはこの話しをもう何回かしている。

「先生のことなんて気にすんな。もちろん、君には凄い想像力があるよ、って言うより、想像力があり過ぎるよ。だから君はいつもなんでもないことを心配してるんだ。ヤツは君の心を傷付けて、それがまだ痛むんだよ」
彼は私の頭を、小さな子供にするみたいに撫でてくれた。

「それは違う! 私は人生に失敗失敗したの。想像力がないから」
私はそう答えた。

そのカフェは素敵な食器を使っていたけど、ティーカップの中がダークグリーンだった。紅茶の色が見えない。私は見たいのに。それが私の不安感を増大させた。ほとんど泣きそうになった。ケンジは私に素早いキスをしてくれた。彼の髭が触った。彼は今朝、髭を剃ってなかったんだ。今、土曜日のお昼ちょっと前。木の影が私達のテーブルに差してくる。

私は彼にセラピストになんて言われたのか話した。
「私は自分にナイスになんてできない。だって自分で自分が誰だか分からないから」
私は彼のことを、希望を失った子供の様に見た。

その詩は十九世紀、日本の詩人によって書かれた。それは私の好きな詩だった。鹿が深い森の中で立ちすくんでいる。私の先生は、そこには猟師がいて、鹿に銃を向けていて、二人は向き合っていると言った。でも私はそうは思わなかった。今でもそうは思ってない。鹿は一人でいた。それが大好きな詩だったから、私は深く傷ついた。

私は頭を振って、自分の脳がちゃんとした位置にいるか確かめた。この奇妙な癖は、あの後始まった。なんでいまだにこんなことしてるの? もう十年以上経っているのに。

ケンジは微笑みながら言ってくれた。
「僕は君が誰か知ってる。君が自分が誰か分からなくても、僕は一生君にナイスにするから」

でも、もし私達が別れたら? 私はまた頭を振った。どうしたら想像力がない、なんて人に言えるの? なんでこのカフェはこんなティーカップを使ってるの? 私と今、一緒にいるこの人は誰? もう私にはなにがなんだか分からない。

“You are a nice person, Rina. You should be nice to yourself too.”

This is what my therapist said yesterday. I've been thinking about it. I guess this is a typical saying in textbooks for therapists but it's a fresh idea to me. I've never thought that.

I'm confused! I don't know who I am. This is my dark question that I always have. If I don't know who I am, there is no way to be nice to myself.

“Rina, why are you worried about such things? ” my boyfriend, Kenji, says.

He is the only good thing that has happened in my life. He is the most cheerful person I've ever met. He always has a big smile on his face. His personality is totally opposite from mine.

We are sitting on a patio. It's a new cafe that just opened up a few days ago. It's between his place and my place, close to the busiest fashion street in Tokyo. There are always new shops open every day around here.

I ask Kenji, “How do I look?”

“You look like a very attractive young lady to me. Don't think too much. That's your problem!”

When I was 14 years old, my teacher asked me to read a poem and explain the meaning of it in class. After I finished, the teacher said that I have no imagination. The cold comment has remained inside of my brain for more than ten years now.

“I don't have any imagination.” I say it again. I've repeated this story to Kenji a few times.

“Don't worry about the teacher. Of course, you have a great imagination or maybe even too much of an imagination. That's why you're always worried about nothing. He hurt your feelings and it's still hurting you.”

He pats my head like adults do to small children.

“That's not true! I'm a failure because I have no imagination.” I say.

The cafe has stylish china but the inside of the teacup is very dark green. I can't see the colour of the tea. I hate this. I want to see it. My anxiety increases, I almost cry. Kenji gives me a quick kiss. I felt his beard. He didn't shave this morning, it's Saturday just before noon. I see a shadow of a tree coming onto our table.

I told him what my therapist said. “I can't be nice to me because I don't know who I am.” I look at him like a hopeless child.

The poem is written by a Japanese poet in the 19th century. It's my favourite poem. A deer stood in a deep forest. My teacher said that there was a hunter who pointed a gun toward her, and they were looking at each other, but I didn't think so. I still don't. I believe the deer was alone. My feelings were badly hurt because I love the poem.

I shake my head to make sure my brain is sitting in the right position. This strange habit started after that happened. Why do I still do this? That was more than ten years ago.

Kenji smiles at me and says, “I know who you are. Even if you don't know how to be nice to yourself, I'll be nice to you for the rest of my life.”

What if we ever break up? I shake my head again. How could anyone say that I don't have any imagination? Why does this cafe use these type of teacups? Who is the guy with me right now? I don't know anything anymore.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

千本松由季 Official Blog

小説書き。生きづらかった日本を脱出して単身カナダへ。恵まれた自然の中でプロを目指して執筆中! 書いた作品は70作以上。短編はマガジンにまとめました。長編はこちらから⇒ https://ehappy888175296.wordpress.com/

英文小説

東京を舞台にした恋愛小説を、英語で書く試み。

コメント3件

もしかして、ケンジは
居ないのですか???
います、います。あんまりナイスな男過ぎて、現実味がないせいです。それとも表現が足りてないのか??
あ、いえ、僕がやり過ぎたのだと笑
彼女の想像力が豊か過ぎる結果ケンジを生んだのかと、勘違いしてしまいました…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。