見出し画像

津軽三味線はロックもいい

かつて、津軽三味線ユニットのWebサイトの制作に携わったことがある。そのサイトは残念ながら今は無くなっている。

それまでは三味線というのは、とても敷居が高い楽器と思っており、必殺仕事人の「三味線屋勇次」やお座敷で弾くものくらいのイメージしか持っていなかった。伝統的楽器としての三味線については、今でも敷居が高いと思っているが、現代的な曲をあわせた津軽三味線の音楽は、そういった歴史を知らなくても気軽に聴くことができるのではないかと思う。

なんてえらそうなことを言っているけれど、津軽三味線について正直知見はない。ただ三味線の音はとても小気味いい。そしてとにかくカッコいいのである。そして、カジュアルでポピュラーな現代的な曲であっても、不思議と日本の良さを感じる。

説明はいらない。気持ちが上がるのだ。

▼DAISHI DANCE "P.I.A.N.O. Renovation.(MUSH UP ANTHEM) feat. 吉田兄弟"

▼吉田兄弟 『PRANA』-ナルト-展メインテーマ

▼YAMATODAMASHI" KENZO × 柴田雅人(津軽三味線)Kenzo Choreography/柴田雅人 ORIGNAL MIX

▼志村けん、スカパラに期間限定で加入 華麗な三味線演奏にバカ殿も釘付け  『キリン氷結』WEBムービー

▼【Shamisen Rock】 “Escape” - Japanese Instruments - music by Mr.3(柴田雅人)

▼和楽器バンド / 千本桜

▼津軽じょんがら節 / はなわちえ

津軽三味線といえば「津軽じょんがら節」

*********

以下追加

▼Tsugaru (KEIKO) /角松敏生

hase3001のdays of musicさんからの紹介です。角松敏生と二代目高橋竹山の津軽三味線とのコラボ曲。

▼番外編
Shape of You - TRiECHOES (Ed Sheeran Cover) | Traditional Japanese Harp "箏 KOTO"

よっしぃさんからの紹介です。三味線ではないので番外編ということで。伝統と現代音楽の琴の音がマッチしてます。


三味線の歴史を知った上で聴いたらもっと好きになるかもしれないと思い「まるごと三味線の本」を購入してみた。どのようにして今のようなロックが似合う音楽が出来上がったか、三味線の種類や素材、演奏法などが論文形式で書かれている。正直少しむずかしいがじっくり時間をかけて読んでいきたい。

ちなみに、津軽三味線を体験したことがあるが、構えて撥を持ってみたもののうまく音がでない。奥深い楽器である。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただけるだけでとても嬉しいです。 サポートなんてとても恥ずかしいですが、第二の人生のために使わせていただきます。

ありがとうー。たぶん明日も投稿するからね♡
56

ひなこさん(あらしろひなこ)

ほぼ「毎日note」しています。エモさをモットーとしたエッセイやコラム、時々は妄想ストーリーを書いてます。 平日は会社員。一応元リケジョ(リケジョ成分低め)。あーわかるって思える魚の骨がひっかかるような文章を書きたいし届けたい。 マガジンのピッカーもやってます。

コメント7件

私も1つ追加していいですか?
三味線じゃないけれど。
https://www.youtube.com/watch?v=yr3f5FCIFMI
よっしぃさん
聴きました。伝統的音楽とテクノ調がマッチした琴の音。映像もかっこよかったです。番外編として本投稿に追加しました。紹介ありがとうございました。
『風流ロック』に様変わりするよね✨
ふゆほたるさん
「風流ロック」かっこいい言葉ですね。その表現があっているような気がします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。