コミュニケーション

本日、通所リハビリの送迎作成の担当さんが頭を悩ませていました。

どうしたのか聞いてみると、

「送迎の運転手と相談員は送迎で一緒に出来ないので悩んでいます。」

との事。

詳しい経緯を聞くと、

ある利用者様の総計の介助を運転手さんが手伝ってくれたのですが、送迎後にそのご家族様から「介助はしなくても歩けるので手を出さなくても大丈夫です。」との連絡があったようです。

それを相談員から運転手に伝えたらしいのですが、

その時をきっかけに関係が悪化して送迎を一緒に出来なくなったとか。

どんな言い方をしたんでしょうか…

しかし送迎担当はもちろん介護さんや、私自身もあの運転手と相談員ならあり得るなと思ってしまいました。

個人的には伝え方をミスした相談員はもちろん、運転手も腹をたてるのはともかく、他の人の仕事に支障が出るような態度になっているのは問題だと思います。

しかし利用者様やご家族の方とのコミュニケーションが仕事である相談員が、事業所内の職員とさえ上手くコミュニケーションが取れていないとは…

また事業所の今後の課題が一つ見えましたね⤵️

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

カバ

介護施設の作業療法士です。ケアマネの資格もあります。 通所リハビリの管理者・リハビリ担当、入所のリハビリ責任者をさせていただいてます。 リハビリ・筋トレ・サプリメント関係、読んだ本を自分のまとめのつもりで書いてます。また麻雀の戦術書なども読んでますので、対局があったら書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。