杉野重人(重さん)

コワーキングスペース秘密基地三代目シェフ。1973年京都・宇治生まれ。国立有明工業高等専門学校電気工学科卒。設備設計会社から料理人に転向。シェフ、支配人なとを経て「SELAM」独立開業。現在はセカンドキャリア形成に向けてまちづくり、場づくり、人つなぎに関わっています。

北九州フードフェスティバル2019

北九州フードフェスティバル実行委員長としてだけではなく、一人の料理人として

料理人として過ごす中で、食文化の変化を感じないことはないのではないでしょうか?
流行や新たな食材の登場、販売スタイルも現金からキャッシュレスへ。さらにはサブスクリプションという定額サービスのお店も出てきて、日々変化への対応に右往左往してきたのではないでしょうか?
そんな変化の多い世界、それが食の世界だと感じてらっしゃる方

もっとみる

暮らしやすさと引き換えに失ったモノ

1月27日。北九州市長選挙が行われたんだけど、結果よりも衝撃的だったのは投票率。過去最低だったということに正直な感想をいえば「どうした?北九州市民?」でした。

大牟田市出身の僕はいわゆる「Iターン組」北九州市に引っ越してきたのは今から15年ほど前。妻の実家があるということで、興味を持ったのがきっかけ。商売するのに程よい人口、環境を探していたから「北九州はいいかも」って目でこの街を見ていたね。独立

もっとみる

「働き方改革」に必要なコトは?

「働き方改革」コワーキングスペース秘密基地にいると、この言葉を持って訪ねてこられる方々にお会いできます。多くの方が意識されてるようですね。よくよく話を聞いているとみなさんそれぞれの目的があるようで「働き方改革とは〇〇だ!」みたいに一括りで表せるものではなさそうですね。

そんな私もこの「働き方」について数年前から考えていた一人です。そんな私がなぜここに来たのか、その理由の一つも自分にとっての「働き

もっとみる

コワーキングスペース秘密基地が提供する「場」とは?

■コワーキングスペース秘密基地が提供する「場」とは?

コワーキングスペース秘密基地は何してるとこ?とよく言われますね(笑)
以前の私も同じ疑問をもったままコワーキングスペース秘密基地に飛び込みました。それから半年、この場で起こることを体験しながら、これまで感じたとこ、気付いたことをまとめてみようと思います。

まずは、我々コワーキングスペース秘密基地にとって「場」とは何か、というところから始めま

もっとみる

一杯の珈琲にある物語

妻が毎晩珈琲を一杯分だけ作ってくれている。

このところ仕事から帰るのが最終電車になることが多くお互い顔を合わせる機会が減ってきた。それでも毎晩ご飯を用意してくれている妻には感謝しかない。そんな日々の中にあって、この一杯の珈琲の存在が嬉しい。私は毎晩お酒を飲まないかわりに珈琲を飲むようになっている。その日一日を振り返りつつリセットしてから布団に入る。妻もそんな私の行動をよく理解してくれているからこ

もっとみる

考えるな、感じろ!

ファシリテーター渋谷健氏による二日間の集中講座「ファシリテーションブートキャンプ」に参加してきました。

この講座におけるファシリテーションとは何か。渋谷氏の言葉を借りると

”何ともならない”状態を”何とかする”ための成果への流れを創り出す実践技術・センス。ファシリテーションは人間社会が必然的に持つ複雑性の中で、成果創出への流れを創り、促進し、波及させるための多様な利害関係者の相互信頼を築き

もっとみる