進むキャッシュレス化。送金アプリ『Kyash』、コンビニ等で現金チャージ可能に。

◯ 無料送金アプリ『Kyash』の利便性が高まっている

◯ クレカ登録ナシで現金チャージできるようになった

◯ コンビニ、銀行ATM、オンラインバンキング経由で入金できる


2018年2月13日、無料送金アプリ『Kyash』はコンビニ端末、銀行ATMからアプリへ入金できる「チャージ機能」をリリースした。

これまで、送金にクレジットカードご登録が必要だったが、登録ナシでもつかえるように。具体的には、コンビニや銀行ATM、オンラインバンキング経由でチャージできる。

また、アプリ内で即時発行されるバーチャルVisaカード『Kyashカード』もあり、事前チャージした残高からオンラインショッピングを楽しむことも可能だ。


『Kyashカード』は前払式支払い手段を採用しているため審査不要。年齢制限もない。Amazon、楽天、ZOZOTOWN、メルカリなどVisaカードが使える国内外オンラインストアやスマホアプリでカード決済ができる。チャージ分だけ使えるため、お金の使いすぎに対する懸念解消も期待できる。

ますます進むキャッシュレス化。今後さらに利便性が高まっていきそうだ。

(参考・画像引用 PR TIMES)無料送金アプリ「Kyash」コンビニ・銀行口座から残高をチャージする機能を提供開始 − スマホを保有している方ならどなたでも、Kyashで友人への送金やオンラインでのVisaカード決済が可能に −https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000020416.html

Mediumより転載

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

テック系のリリース・ニュースを3行でまとめています。応援よろしくお願いします!

1

1分で読める!Tech系リリース 3行まとめ

テック系のリリース情報を「3行」でご紹介。サクッと情報インプットしたい方にもぜひ。自分インプット用にまとめているので不定期更新。選ばせていただく基準もその時、気になったものと深い意味はありません。あたたかく見ていただけるとうれしいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。