電車で酒、の背徳感と至福について

こんばんは。さんしちです。
今日は俗に言うプレミアムフライデーですね。
まあ、呑兵衛の皆様はきっとプレミアムでも普通のフライデーだったとしてもきっと一献していると思います。

わたしは今メトロの中で発泡酒片手に二次会会場へ向かっています。
いい大人が、電車の中で、お酒を片手に電車に乗ってます。

みなさんは電車の中でお酒を飲んだことはありますか?

楽しみにしていた旅行で滞在先に向かう途中のボックス席。
気持ちの行き場がどうにもこうにも見つからなくて、駅前のコンビニで買った缶ビール。
飲みきれなくてなんとなく持ったままのチューハイの缶。

呑兵衛のみなさまならきっと思い当たる節があると思います。

呑みの用事があって正々堂々と飲んだくれた時と違って、ただただ良心と呑兵衛の本能とが闘った結果、本能に従い飲む。

ただそれだけ。
だけどその刹那我々は無限の幸せを得るのだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もちろんお酒代にさせていただきます!ありがとうございます!!

愛で満たされる世界っていいよね。
4

さんしち

呑兵衛の呑兵衛による呑兵衛のためのマガジン

酒好きたちが酒への愛を、夜な夜な酒を飲みながら思うことを、酒にまつわるエモいエピソードを書き綴るアルコール度数高めのマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。