【マーケティング・広告ニュース・QRコード関連のまとめ】『動画各社の広告支出額、アマゾンが1位、ネトフリが2位に 』 等

マーケッターや広告業界でビジネスする方を対象に、昨日(8/14)のニュースをまとめてお届けします。またQRコード関係のニュースについても取り上げます。

___________
 Headline
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

動画各社の広告支出額、アマゾンが1位、ネトフリが2位に 

最新の調査でデジタルのプロモーションに最大の費用を支払っているのが、アマゾンであることが判明した。調査企業MediaRadarが、2018年上半期と2019年上半期の各社の広告出稿費用を集計した。それによると、アマゾン・プライム・ビデオのデジタル広告費用は前年同期比で300%以上も上昇した。

【コメント】アマゾンもNetflixも、独自コンテンツのPRに力を入れています。独自コンテンツは映画のヒット作等に比べて馴染みがないので、PRする必要があるのだと思います。これはグローバルにおける順位なので日本ではあまりピンとこないかもしれませんが、私がタイに駐在中は、NetFlixの広告をよく目にし、東南アジアのシェアを取りにきているのだなという印象を強く受けました。

___________
 TOPICS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2019年上半期のスマホ動画広告、インストリームとアウトストリームで差異--VRI調査 ビデオリサーチインタラクティブは、2019年上期(1月〜6月)のスマートフォン動画広告について、インストリーム広告とアウトストリーム広告に大別し出稿状況について発表した。インストリーム広告は、動画コンテンツの冒頭や途中に挿入されるもので、アウトストリーム広告は、ウェブやアプリの広告枠、記事内で配信されるものを指す。スマートフォン向けのインストリーム広告を出稿した広告主数は1752社。該当期間で推定インプレッション数が最も多かった広告主は「ネスレ日本」であり、次いで「Netflix」「花王」「明治」「資生堂」が続いている。また、アウトストリーム広告を出稿した広告主数は1540社。最も出稿量が多かった広告主は「荒野行動」を展開する「NetEase Games」だった。

サイバー・コミュニケーションズが1位 広告業界のストレス度の低い企業ランキング グローバルウェイは8月14日、広告業界の「ストレス度の低い企業ランキング」を発表。キャリコネのユーザーによる「ストレス度の低さ」評価の平均値が高い順にランキングにしたもの。1位サイバーコミュニケーションズ、2位アサツーディ・ケイ、3位電通、4位サイバーエージェント、5位セプテーニ。

___________
 QRコード関係
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

WeChat PayとAlipayのパートナーのQFPay、新デジタル決済手法の開発へ約21億円を調達 デジタル決済スタートアップのQFPayは米国時間8月13日、Sequoia Capital ChinaとMatrix Partnersが主導する新たな資金調達で2000万ドル(約21億円)を確保したと発表した。インドネシアの国営通信会社のTelkom Indonesiaの投資部門であるMDI VenturesとRakuten Capital、VentureSouqも新たな戦略的投資主として参加した。Crunchbaseによると、これでQFPayの調達総額は3650万ドル(約38億円)となった。この資金は新たなデジタル決済製品の開発に使われる予定。

スマホかざすと商品情報 大阪シーリング印刷、導入費30万円 包装資材の大阪シーリング印刷(大阪市)はスマートフォンで包装紙のQRコードを読み取ると、原材料などの商品情報が分かるシステムを開発した。英語や中国語など39カ国語に対応し、訪日客の買い物を支援する。数千万円かかる導入費を約30万円に抑え、中小企業の需要を取り込む。2019年度中に30~40社の販売を目指す。

「PayPay」などで納付可能に 大垣市、住民票写しの手数料 岐阜県大垣市は全国で初めて、住民票の写しなどの交付に必要な手数料を、スマートフォンアプリ「LINE Pay」と「PayPay」で納付できるようにする。9月に実証実験として始め、来年1月から本格実施する。

カメラをかざすと作品に関する情報を表示 - 横浜美術館で実証実験 横浜美術館、NTTテクノクロス、NTT東日本、アクアビットスパイラルズは8月5日、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」において、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすことで作品に関する情報を表示するサービスの実証実験を実施すると発表。この実験は美術館の来館者に、作品鑑賞をより気軽に楽しんでもらうことを目的として、画像認識AIサービス「かざして案内 for Biz」を活用して、来館者自身のスマートフォンを展示作品にかざすことで作品に関する情報を画面に表示するというもの。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Yoichi

10年間勤めた会社を退職し、G's academy福岡に入学。プログラミングの勉強をしながら起業の準備中/2014年から5年間タイのバンコクに駐在していました/2008年世界一周達成/YORIKIRI ICHIBAN Gt/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。