スポーツテープとキネシオテープ

このノートでは、スポーツ業界や医療現場で一般的に使われている

スポーツテープ(もしくはアスレチックテープ)

キネシオテープ

の特徴について触れていきたいと思います。

最初にお伝えしたいことは、スポーツテープとキネシオテープでは、

テーピングの目的が全く違います。

スポーツテープは、上記のスライドのようにサポーターと同じような使い方をすることが多いかと思います。

急性の傷害や炎症に対しての処置として、テーピングをすることが多く、

テーピング=関節の保護のため固定する

上記のイメージが強いかと思います。

しかし、キネシオテープはまったく違った目的でテープを使用します。

この機会にスポーツテープとキネシオテープの違いについて、理解していきましょう。

このノートは、有料マガジン「テープ特性とテーピング理論(現場で活かす基礎知識)」に収録されています。

今後いくつかのノートや動画などを随時追加していく予定です。

テーピング法について深く知りたい方は、マガジンの方もぜひご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テープ特性

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テープには、大きく分けて2種類のテープがあります。

この続きをみるには

この続き:2,760文字/画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

<セラピスト向け> 主にスポーツ現場で使われることの多いテーピング。最近では、医療や介護の現場でも活用されています。 しかし、テープ...

または、記事単体で購入する

スポーツテープとキネシオテープ

吉田 一也@鎖骨ほぐし

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

【有料】テープ特性とテーピング理論(現場で活かす基礎知識)

<セラピスト向け> 主にスポーツ現場で使われることの多いテーピング。最近では、医療や介護の現場でも活用されています。 しかし、テープの特性やテーピング方法を知らずに使っている人が非常に多いです。 このマガジンでは、テープ自体の特徴や特性を知り、テーピング理論を知っていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。