見出し画像

スキルアンマッチ

別に気にすることはないのだが、この言葉に過剰に反応してしまっている。ミスマッチのほうがよく聞く言葉ではあるが、派遣業界ではよく出てくる単語なんだろう。

2つ(以上)をくっつけてみたが、相性が悪かったというのがミスマッチで、くっつける前に「こりゃ合わねぇな」と判断するのがアンマッチという解釈でいいと思うが、採用面接や書類審査での不採用はスキルか人格のアンマッチになるのだろう。

書類審査で落ちる。なんてことはよくあることだし、採用エントリーとかタレントのオーディションとかも書類選考というのは普通のことなのに、いざ言われてみるとやっぱりヘコむ。

今回のプロジェクト自体が得意領域ではなく、経験もないく、向いてなような感じはしていたので当然の結果だとは思う。中に入る前に分かるのは双方にとって良いことだというのも十分理解できる。

それでもスキルアンマッチと言われてしまうと「一体何が足りなかったのだろうか?」と、色々と考え込んでしまう。今の自分にスキルアンマッチという言葉はなかなかにヘビーだ。

で、今日はやることなす事遅い。
うまく行かない。集中できてない。
いつからこんなにメンタルが弱くなったのだろうか。

これから、この年から何かひとつ身につけるとするならどんなスキルがいいのだろう。あれもこれも手は出せないので、プラス1くらいしかできないだろう。体力的にも年齢を感じるが、学習能力というか気力も年々衰えてきている気がする。

転職して未来は明るいかと思ったがそう甘くはなかった。
スキルのない者にはこの社会、なかなかに厳しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。励みになります!
1
Web制作に関わって15年、デザイン、コーディング、Frontend周りを広く浅く身につけ、現在はウェブディレクターとして活動中。バランス型で典型的な器用貧乏。テニスと北欧デザイン好きな団塊ジュニア。好きなテニスプレーヤーはNick Kyrgios。名古屋で嫁と猫と三人暮らし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。