世界への視点と視力とは?

2013-01-17の日記より

卒業してから海外とかに全く旅できてないけど、東京のクリエイティブの世界を1人でずっと深く潜って放浪してる感じがする。この小さい一部のエリアにいろんなテリトリーや言語や価値観が詰まっているんだなぁと、毎日驚いたり、感動したり、たまに飽きれたりしている。
と言うのも最近、今まであまり興味が無かったし触れる事の無かった、車、お酒、化粧品、等のPRや商品、店舗開発に関わるようになったりして、とても学ぶ事が多い。色々な人たちに会って、勉強をすると、世界への視点が増えて、視力がグッと良くなって、解像度が上がっている感覚があって気持ちいい。
けれど、その分、均一になって、何か薄っぺらくなってしまうような気もしていて、気をつけなきゃなとも思っている。既存の大人の好みや事情や思考を調べることが、世界への視点と視力を増やす事とは限らない。

***

2018-01-12の自分より

5年前の日記。美大を卒業して4年目の26才。10年くらいデザイン仕事したと考えて、ちょうど真ん中の時期の考え。

この時期、自分が大事にしてきた自分だけの主観や感性は、世の中にとって、取るに足りないものなのでは?若気の至が生み出したエゴなのでは?むしろ仕事の邪魔となる青臭いだけのお荷物なのでは?とじわじわ感じていた。(ちなみに、これは別に誰かに意地悪く指摘された訳ではない。なぜか勝手に1人で感じていた。)

この頃は、根拠なき自分の曖昧な主観を頼りに手を動かして価値を作るのではなく、根拠ある外からの情報を材料に、脳みそを動かすことで価値を生み出すクリエイティブ戦略系のフレームワークをたくさん覚えた時期。具体的にいうとブランディングやマーケティングを実践の中でめちゃ勉強した。もしかしたら、世の中のデキるビジネスマンと呼ばれる人々に追いつこうと必死だったのかもしれない。

そういうフレームワークは「世の中見えやすくなって、プレゼンも通しやすくて、めちゃくちゃ仕事で効率的だな!」「頭が良くなった感じがするな!」「ビジネス系の人もちゃんと話聞いてくれるようになるな!」とか、まるで世の中との便利な接着剤を手に入れたような効果に「便利だな!」感動すると同時に、「なんだか思考が世の中と均一になって、存在が薄っぺらくなって、自分が消えてしまうような不安な気分」ってのを感じていた。

でも全然、その感覚に確信は持てなくて、『「そもそも、そういうふわっとした根拠のない不安を感じること自体が、美大あがりの若者特有の良くないエゴなのだ。」と思うことが大人になることなのなのかもしれない。けど本当は違う気もする...。』と、ぐるぐる悶々としていた。

そこから5年後、今思うとその不安な感覚は大事な正しい気持ちだった。

いろいろ右往左往して、思ったのは、世界への視点と視力を増やすってことは、やっぱり誰かの思考のフレームワークを学ぶだけでは足りない

実のところ、遠回りに見えて、曖昧で頼りない自分の感性を育てることが、実は何よりの力になる。捨てようかなと思ってたモノを捨てずによかったな。ぐるりと回って、もう一度、感性の世界に帰ってこれた。むしろ感性(エモーション)の世界と論理(ロジック)の世界を、自由に行き来できるようになった。

既存の大人の好みや事情や思考を調べることが、世界への視点と視力を増やす事とは限らない。 / 2013-01-17の日記の終わりより

なんか違う気がするっていう気分だけを、生意気に書いてた5年前の自分に「いいね!」を。時空を超えて押しておきたい。主張には明確な根拠を求めがちだけど、曖昧な勘だけでも当たってることは世の中にはきっと多い。

***

じゃあ、曖昧な自分の感性って何よ?どう育てるの?思いつきのエゴと何が違うの?どうやって行き来をスイッチするの?ってことに関しては、また今度、デザイン@4mimimizuのほうで、もうちょい、しっかり書こうとおもう。

今日はふわっと自分との交換日記でおわりです:D

***

note@4mimimizuの材料となってるツイッターはこちら、日々いろいろとつぶやいてます。よかったらフォローどうぞ!👉https://twitter.com/4mimimizu

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます:D Twitterでも日々色々と発信してますので、よかったらフォローどうぞ〜 👉https://twitter.com/4mimimizu

ありがとうございます!◎ また書きますね〜;D
40

ふと思ったこと@4mimimizu

@4mimimizuが、日常の中でふと思いついたこと、過去の日記を読み返して、今との考え方の違いを残していきます。
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

いまちょうど社会人になって5年経つので、すごく共感しました…!「自分よりももっと優れた人や考え方はあるから、それを活かしておけばいいのかな」とよく考えます。でも誰かのコピーや模範解答で終わらせるじゃなくて、色んなエッセンスを取り入れて、自分なりの持ち味を育てたら、もっと楽しいデザインができるよなぁと思ってたりします。
コメントありがとうございます◎ 5年目って色々なことを覚えられる時期ですよね! 私は、楽しむ反面、自分の感性の行き先をとても悩んでたので、Nishidaさんの何かヒントになったようなら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。