ランニングフォームを改善!

ランニングを楽しむ方が増え、気が付けば全国各地でマラソン大会が毎週のように開催されるようになりました。
その中で思うように記録が向上しない方や練習をどれだけ積んでも足を痛めてしまったり、何度も同じケガを繰り返すという悩みを持った方々がランニング教室やランニングクリニックへ参加されているようです。
1人でも多くの方へランニングを楽しんでいただくため、僕がいつもランニング教室やランニングクリニックで説明していることを記事にしてみました。
雑誌やインターネットなどでランニングメソッド(走り方について)を調べたり聞いていると、「腰の位置を安定させる」「目線を下げる」「腕を大きく振る(後ろへ振る)」「つま先は進行方向へ」「身体を起こす」など説明されていることがありますが、それらを忠実に守ろうとすると遠くを見るようなフォームになっていまったり、猫背になってしまう原因にもなりますので注意が必要です。
これからランニングを始めようと考えている方や「どうやって走ればいいんだろう?」「運動不足解消のためにランニングを始めようかな。」と考えている方もぜひ一度試していただければと思います。

下記の項目に当てはまる方は試してもらうと良いかもしれません。
・走り出しても身体が重い、またはしんどい
・走っていても楽しくない
・記録がなかなか伸びない
・歩幅(ストライド)を伸ばしたい
・よくつまづく、または転倒する
・スタイルを良くしたい(ヒップアップ、ウェストの引き締め)
などランニングをしている中での悩み事は人それぞれですが、これまでのランニング教室やランニングクリニックへご参加いただいた方々の悩み事が改善された実績があります。
※ 体感するレベルには個人差があります。

この続きをみるには

この続き:3,739文字/画像3枚

ランニングフォームを改善!

いわたごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。 サポートしていただいた資金は書籍化(電子書籍含む)へ向けた活動資金に充てたいと思います。今後も僕の想いをつらつらと文章へしていきますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

2

いわたごう

有料記事集(2018年11月~)

まとめてみました。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。