SUPER GIG!!! 開催の前に

2018年の年末に、かつてFOUR TOMORROWによる大合奏会という企画が行われていた秋葉原のスタジオリボレ2(現在はIKEBeckという名前)にて、34バンドも賑やかなバンドばかりを集めたごった煮な企画が開催される。はじめ意味もなくその首謀者の存在がシークレットにされていて、間違ってMATSURIというイベントを企画しているHIRO(BREAK A SCHOOL)のところに何件か予約の連絡がいってしまうという珍プレーが生じてしまう次第。ズッコケ感しか感じない3人組が主催なのでまぁ仕方がないか。そしてそのメンバーとは

やまぐちメガネ(NINJA BOYZ)

ニシダ(9mile)

タグチヨウジ(CHINESE HOODIE)

普段からよく遊び、互いのライブにも地方にも関わらず遠征しに行き、朝まで呑んでヘロヘロになっている姿をよく見る20代前半の3名。お世辞にもさえてるとは言い難い雰囲気だが、その熱意と親しみやすさ、ライブへ足繁く通うスタンスや、バンドを通しておもしろい1日を増やそうと全力で遊ぶ姿、かっこいい憧れのあの人たちと肩を並べてライブをしたいという気持ちに溢れた男たちだ。

そんな3名がDANCE MY DUNCEの主催のひとりであり、バンドマンとしての先輩でもあるeeeno!!!(Merci Merci Me)に面倒を見てもらいながらも自分たちで手分けしてかっこいいなと思ったバンドに声をかけてつくりあげるせわしない1日。それがSUPER GIG!!!(だと思う)

正直、自分も含め30代前後のバンドマンやライブハウスのスタッフ、企画者が気付けばいつのまにか増えてしまった一部のパンク・ハードコアの界隈。20歳のバンドが企画をはじめたり、高校生の企画者や中学生のお客さんなど、少しずつそれぞれ自分なりの形で、新しい動きも周囲で起こり始めたこのタイミングに、せっかくなのでその話を聞いてみた。

普段聞けない本音が知りたくて、今回もあえて堅苦しくなく普段からよく遊ぶ友人の代表として話しているので、見苦しい点があったら申し訳ないです。

チケット代も安いし、来場特典にはRAFT RECORDSのサンプラーももらえるし、好きな時間に来て好きな時間に帰れる気軽な空間だと思うので、年末に時間がある方は是非遊びに行ってみてほしいです。彼らや出演者がビシッときもちのよいライブをしてくれると思うので。こういう時間の流れる企画で新しいバンドや話のできる友人と出会うことも多いと思います。

それでは仕事納めまでの休憩時間や、年末のテレビの特番に飽きた頃にでも読んでやってください!


そもそもスーパーギグとはなんぞや?っていう人もいると思うのと、たぶん当日それなりに人数は来てくれると思うし、楽しんでもらえるとは思うんだけど、「なんでこういうことやろうと思い始めたのか、自分たちのバンドとその周りの友達含めて連鎖して物事が進んでいっている感覚はあるのかな?」って思ったので話を聞かせてください!ほら、企画前に普段直接そういう話をしないお客さんにも伝えられたらよい機会だと思うしさ。じゃあ自己紹介からお願い!

ニシダ:9mileというバンドのベースボーカル、スタジオ予約担当の西田健太郎と申します!普段は東京初台WALLを中心に活動していて、好きなバンドはハイスタンダードです!最近はWANIMA、ヤバイTシャツ屋さんのようなJKに好かれるバンド目指して頑張っています。好きな女の子のタイプはこんな僕にも構ってくれる優しい子です。最近女の子に言われて嬉しかった事は「(耳元で)お店には内緒だよ、、?」
です。よろしくお願いしまーす!!!

やまぐち:NINJA BOYZでボーカルを担当している山口です。高円寺のドムスタだったりスタジオライブをやることがめちゃくちゃ多いです!今年1年ダントツで聴いた音源はSUMMERMANのfanです、あとはyonige牛丸の顔ファンになりました。最近好きなアイドルは有明ゆの(さっきの女の子、)、綾瀬志希(CYNHN)、間宮遊(NEO JAPONISM)です!よろしくお願いします!

ヨウジ:CHINESE HOODIEでギターボーカルをしておりますタグチヨウジです!決まったライブ拠点はありませんが早稲田ZONE-Bや下北沢THREEなどでやらせて頂く機会が多かったと思います。ミーハーっぽいですが、2018年はSnail mailをはじめとするガールズSSWをよく聴いてました。やっぱり可愛いので。好きなタイプはグラビアアイドルの真奈さんと本郷杏奈さん、Wiennersのアサミサエさんのような女性です!

インスタ開いてまなてぃーの画像とかTOPに出てくるとエロくてあせるよね(笑)

や:今会社で画像検索して大画面に出てきちゃって焦りました

(今回は数日にわけてダラダラとLINEインタビューでお送りしています)

ヨ:あ、めちゃめちゃどうでもいいんですが好きな女性にほげちゃん挙げるの忘れてたので追加してほしいです!

(やまぐちからすかさず画像が届く)

ヨ:イイね!がバレてる!

さ、進めますよ。3バンドとも、仲良くなったのってここ1年くらいのことかと思うんだけど、きっかけはDMDとか八王子とかのライブかな?
お互いに「あ、仲良くなれるなー」って思った瞬間とか、こういうところかっけーなとか思ったことがあれば教えてください。

や:9mileもCHINESE HOODIEも初めて会ったのはDMDですね!9mileは忍者も出た2017年8月編で対バンしたのが最初で、西田が同い年なのと通ってきた音楽が90's〜00'sのメロコアだったりIHSRだったりで共通点があって急激に仲良くなったのを覚えてます!CHINESE HOODIEは2017年10月?11月?のDMDに初めて出てた時が初対面でした!年下でSCHOOL YOUTHだったりが好きでバンドやってる子に出会えたのがめちゃくちゃ嬉しかったですね!

ニ:確かにNINJA BOYZ とは一発で仲良くなって、そこから連チャンでライブ一緒だったり、山口とは同い年だし、他の皆も年齢が近いのも大きいですね!CHINESE HOODIEというよりヨウジくんと初めて会ったのは、チャイニー初ライブ前、我らがボスであるエノさんのmerci merci me企画に遊びに行った時でした。ヨウジくんとは出身地も静岡県と僕と一緒でようやくバンド界隈で後輩が出来たなーと思いましたが、秒で抜かれました(笑)今では「はぎかな(CHINESE HOODIE)さん、コーラ買ってきました!!」って感じですね(笑)。

ヨ:うちはバンドとしての初ライブもDMDだったし、この2人との出会い以外もここから始まった感はありますね。

や:なんだかんだみんなDMDが始まりなのすげえなって思いますね!そこで毎月エノさんとも距離が縮まって今回につながった感はある気がするよね。

ニ:ダンスマイダンス、そしてエノさんがいなければ会っていない3人です!エノさんありがとうございます!!

急にインタビューの対談風に喋り始めたな(笑)。それに太鼓持ちがすごいな!まぁいいけど。そうやって出会ってから、お互いのライブにけっこう遠くまで自分が出るわけでもないのに一緒にあそびにいったりしてたじゃん?大阪とか名古屋とか。今回の件は自分たちの世代とか今のこの楽しい感じでなにかやりたいなぁーって思い始めたの?

や:本当にただライブ見るためだけに大阪行ったのとかこないだが初めてですね。

二:大阪のライブの時、山口が来たのは本当に驚きました(笑)

や:自分たちの世代というか自分たちも何かやらなきゃいけないなというのは常日頃から思ってます!

ニ:知らないだけかもしれませんが、僕たちの世代って、バンドやイベンターの方って少ない気がするんですよね。

や:それは知らないだけな可能性はめちゃくちゃあるだろ(笑)

ヨ:たしかに(笑)

たぶんね、インディーロック的なバンドやそういうイベントを組んでる人ならかなりいると思うよ(笑)。次から次に新しいバンド出てくるし、新しいイベントを組んでる人もいると思う。ただそこと出会ってないだけかもしれないし、やっている音楽のジャンル的にたまたまかもしれないけどね。バンドのやり方とかライブにたいしての気持ちとか世代感みたいなものを感じて、自分たちでやらなきゃなーって自然に思えるのはいいことだと思うよ。

や:今回あの場所で一棟貸切でこのバンド数でやるっていうのは...

ニ:さっき山口が言ってた自分たちも何かやらなきゃの第一弾!って感じですかね。

イベンターや企画者がそこそこ多いって言っても、センスのよさを見せつけて「これからこれが来ます」みたいなショーケース的なものは個人的にはあんまり意味がないなと思っていて、出会いとか遊べる仲間とか、自分を興奮させてドキドキさせてくれた音楽やバンドと出会った時みたいに、「いつか一緒にやりたい」「これから先も一緒にもっとすげーことやりたい」とか、そういうことを感じれるっていいなと思うよ。そういう企画とかバンドが増えたらおもしろいなって思います。

例えばIHSRの大澤さんがこれまでやってきたこととかを特にやまぐちくんとかはずっと見てきてるし、それ以外でもZOOが続けているイベントや、ハードコアのスタジオライブの感じ、平日に行われているMOONSTEPとかWALLとかのライブの大事さ、とかみんなが普段触れているライブイベント。そういうことも繋がっているかはわからないけど、今回こういうスタジオ全部貸切にしてバンド数も多い企画をやりたいなってなったのはどこからだろう?

や:日が落ちる前から23時くらいまでいっぱいバンド出る企画とか昔から今でも好きだし自分でもやりたいなと思いましたね!なんか、時間が長い分、みんなどんどん終盤に向かっておかしくなってくる感じとかそういうの見てんのとか昔からなんでかめっちゃ好きなんです。バンドもお客さんも関係なくそうなるのが。

ニ:長丁場なイベントだと、今年僕たち3バンドが出た松戸で同じようにスタジオを貸し切って行われた「JB CIRCLE」が凄い楽しかったんです!手作り感満載でお客さんも演者も終始ハッピーな感じで。ちょうどJB CIRCLEの少し前にスーパーギグやる事になったので、個人的にはJB CIRCLEみたいなイベントを目指してるのはあります。

や:確かに楽しかったですね。今回、会場は秋葉原IKEBeckというところでやるんですけど個人的にはやっぱりかつての大合奏会みたいな企画になったらいいなというか目指してる気持ちがあります!実は大合奏会行ったことないんですが...。

ニ:映像でしか見たことない世代ですが、憧れはあります!

(2008年の大合奏会の様子の一部。10年ほど前のSEVENTEEN AGAiNがSchool youthのカバーをし、それを歌う玉屋2060%。音も悪くサビくらいしかまともに聞こえてきませんが、改装こそしているものの今回と同じ会場です。また、これをupしているPhat 'n' PhunkyというアカウントはSHINOBUのBobのレーベルで、FOUR TOMORROWはもちろん銀杏BOYZの海外リリース、さらには先日のアメリカンドリーム日記でも記載があったKillerpassのツアーやGEZANのツアーでもサポート行ったりしています。こうやっていろいろな縁が繋がっているのも面白いですよね)

なるほどね、なんかそれぞれこういうライブやイベントが好きだなーってやつ自分なりにある?あ、好きなライブ動画とか知りたいな。

二:僕は演者もお客さんもワチャワチャした日が好きですね! ハードコアバンドMASTER PEACEのこのライブ映像は高校生の時、衝撃受けて今でもよく見ます。9mileでは絶対ムリですけど、NINJA BOYZ にはこんなライブスーパーギグでやってほしいです(笑)。

や:こんなライブやりてえなー!自分はBREAKfASTのRAW LIFE 04の映像がめちゃくちゃ好きですね、たぶんこの映像がハードコアパンクを好きになるきっかけだしこういうのをずっと夢見てますね!BREAKfASTも最高ですけどこの時のお客さんの盛り上がり方とか含めてめちゃくちゃ興奮しました!

この動画のこと絶対言うだろうなーと思ってた(笑)。やまぐちくんいつもこれじゃん!

や:すいません(笑)。やっぱこれになっちゃうんですよねー!

ヨ:すいません!バイトでした〜!自分はODD LANDってイベントに出ているフジロッ久のライブ映像が好きです。沖縄の無料の個人イベント(フェス)なんですけど、DIYのイベントの中でも世界観が作り込んであって、気になってました。行ったことはないですが!

みんなありがとう!なんか好みが少しわかった気がするね。じゃあ次に。今回かなりの数のバンドが出演する企画なんだけど、誘ってみて出てくれるバンドの反応はどうだった?

二:反応は皆さん、かなり良かったです!!
えーこんなバンドも出るのー!みたいなのは頂きました!

や:たぶんみんな新しく始まる企画だし得体の知れない感じがちょっと不安だったと思うんですけど、みんな返事のスピードめちゃくちゃ早くてすごく嬉しかったですね。

ニ:スピード感確かにあったね(笑)

や:Fredelicaが誘って1時間後くらいに出れるって返事きた時はめちゃくちゃあがったね(笑)

ニ:Fredelicaそんなに早かったんだ(笑)!ありがとうございます!!

や:見返したら昼に誘ってその日の夜に来てたのでめっちゃ盛りました(笑)。すいません。あとは、Inverted Clapからはこのメンツの中に呼んでもらえるのが嬉しいって声をもらえて、すごく嬉しかったですし。なんかこういろんなバンドが交わるというかNINJAを始めてから出会った人とか普段から仲良い人達も含めて単純に好きなバンドをお誘いしたので、好きなジャンルとか関係なくみんなこの日はいろんなバンド見てもらえたら!

二:ジャンルは近いけど、普段畑が違うのか中々接点がないバンド同士が集まった感がスーパーギグにはあって、そこは他のイベントと少しは変える事が出来た気がします!!あと個人的にですが、今回出て頂けるバンドの方々から「大規模なイベントだけど頑張ってね」みたいな激励のお言葉頂いたり、今回お誘いしたけど出演出来なかったバンドの方々にも当日遊び行くとか来年あれば絶対出るねみたいな事も言って頂けて。本当に嬉しいですね...!普段優しい言葉かけてもらえないので(泣)。

や:西田が言ってる他のイベントと変えたいっていうのは最初に話し合った時からあったんですけど、1番頭抱えるとこでしたね。でもなんとか自分たちらしく実現できたんじゃないかと思います。

うんうん。おもしろいメンツが集まったよね。それぞれの好みや活動してきた場所の特性も出てて。今回それぞれが声かけあったり相談しながら出会いや憧れなどと共に出演バンドをあたっていったと思うんだけど、せっかくなのであえて言うならこのバンドを観てほしいなーっていうのを挙げてほしいな。自分たちは抜きね?

ニ:先輩なので、かなり言いづらいですが(笑)、僕はトップバッターのHOWを見てほしいです。多分今回来られるお客さんはIHSRとかその周辺が好きな方が多いと思ってるんですけど、アイヘイト好きなら刺さると思います!速くてガチャガチャしてます!あと、オープンから来て欲しいという思いももちろん!あ、HOWが終わったら3階トップバッターの9mileも良かったら見て下さいね(笑)。

や:めっちゃ難問ですね!僕はI thinkですかね!ずっと前から活動してるバンドで一度活動休止してしまってここ1年くらいでまた活動再開したんですけど、なんかもうぶち上がるポイントしかないライブ、曲も熱量も。普段ライブもなかなかやれないとのことなのでこの機会にぜひ、特に若い人達にも一度見てほしいですね!

ヨ:すいません!今スタジオ終わりました😭
全然話入れてなくてすいません!どこから入ればいいのか...あ!特に見てほしいバンドは企画者なんですが、NINJA BOYZです!ここ最近のライブが本当に良いんです。山口さんだけじゃなくて、メンバー6人全体での爆発感が以前の比じゃなく良くなってるので目撃してほしいです!上から見たいな言い方ですいません!

企画者外してほしかったんだけど、まぁ途中参加だし、流れつかめてなさそうだしいいか(笑)!よかったね、やまぐちくん。

や:そう言ってもらえてめちゃくちゃ嬉しいなあ😫 NINJA のみんなが今までよりも楽しそうにライブやってるのをライブを重ねるたびに感じるのでそういうところがライブの出来に繋がってたらすごい嬉しいし自分もバンドをやってて今が本当に楽しいのでいろんな人に見てもらえたら嬉しいです!よーじ君ありがとう!

さて、そろそろ締めていきましょう!今回の企画は年末に今年の締めとなるようなイベントになるかなと思うんだけど、これから先も自分たちでこういう企画は続けていくつもりなのかな?

ニ:勿論!続けて行きたいです!一人だったら自信ないですけど、3人いるので!年末=スーパーギグにしたいと思っています!!

ヨ:番外編で、別の時期に出来たりしても面白いかなって思います!

や:SUPER GIG!!!もそうですけどみんなで楽しいことを企画して続けていければなと思います!

あ、そういえばスーパーギグって名前の由来は?誰がつけたの?

ニ:山口ですね!最初に聞いた時はマジかって思いました(笑)

ヨ:ふざけてんのかなって思いましたね(笑)

や:PASTAFASTAのSUPER CDだったり、deepslauterのSUPER RIZUMUが好きだっただけでそこまで深い意味はないです、ごめんなさい!ただ、いつもやる企画とは違うSUPER感はあると思ってます!

ニ:そこからだったんだね。今となっては良かったなと思います!覚えやすいのが一番なので!

スーパーギグは楽しくてスーパーな一日になるぞー!ってことで、千鳥でおなじみ、「太い!さまぁ〜ずさんのジーパンくらい太い!」みたいに最後にそれぞれうまいこと言ってまとめてもらっていいですか(笑)?

(無茶振りにも文句言わず取り組む3人。返信まで30分経過...)

ニ:スーパーギグがどれだけ凄いか!というと、苺大福みたいな旨いもの+旨いものを足すように、OL役の紗倉まな+JK役の戸田真琴=最強姉妹AV のような...とにかく最強なイベントだと思います!あぁ、文章力なくてすいません(笑)!若輩者の僕たちが初めてやる大きなイベントです。至らない点もあるかと思いますが、当日一緒に最後まで楽しんでいってくれたら本当に嬉しいです!ご来場お待ちしてます!

ヨ:スラムダンクでいうと
センター 赤城
ポイントガード 牧
シューティングガード 神
スモールフォワード 仙堂
パワーフォワード 流川
...が揃ってしまったような夢の布陣ではないでしょうか!どこを取ってもいい光景が目撃できると思うので、自分のペースでゆっくり楽しんで頂けたら幸いです!

や:長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すずが共演した海街dialyのようにまさに夢の共演といいますか好きな人みんな集まりました!みたいなこんなに好きな人集まったら最高でしかないでしょ!といった企画になると思っています!始めることは簡単ですが、こういうことをずっと続けていきたいなと思っているのでぜひ遊びにきてほしいです!

インタビューにお付き合いくださいありがとう!読んでくれた方もありがとうございます。このように主催者はマジメで狙っておもしろいことができる器用なタイプではないですが(笑)、それぞれのバンドは、バンドをやっていくのって楽しいな、かっこいい音楽を知るのって最高だなって気持ちがバカみたいに前面に出てるのできっとグッとくる時間を目の前で作ってくれると思います。たくさんのおもしろそうなライブが各地でありますが、スーパーギグもどうぞよろしくお願いします!









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

kyo-teki

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。