環境2

クリーンになったのは 街だけじゃなかった 【ミレディ初の課外活動:ゴミ拾いレポ】


たった1時間だけど


されど1時間。


1時間のゴミ拾いを通して拾ったものは、ゴミだけではなかった。





私たちミレディは、

先日noteでお知らせしたとおり、

初の課外活動、<街の清掃活動>を行ってきました~!


今回参加したのは、green birdさんの活動です。


「きれいな街は、人の心もきれいにする」


「きれいな街は、人の心もきれいにする」というのがgreen birdさんのコンセプト。

実は、活動チームは、都内各地、そして日本全国に広がっています。

さらには海を超えて、アジア・ヨーロッパ・北米・南米・アフリカ・オセアニアと、ワールドワイドな活動をしている団体なのです。


くわしくはコチラ


その中で、今回、ミレディが参加したのは都内の 【表参道チーム】!

画像1

チームリーダーの方から説明を受けたあと、ゴミ袋、トング、軍手が配布されます。

画像2


おそろいのゼッケンを着用したら、

表参道~原宿の夜の街へレッツゴー!


ピンクの袋は燃えるゴミ。

緑の袋は燃えないゴミ。


仲間と一緒におしゃべりしながら、楽しくゴミをひろっていきます。

画像8


表参道~原宿に落ちているゴミとは?

一体、どんなゴミが落ちているのでしょうか?


圧倒的に多かったのは、

タバコの吸殻と、タピオカのゴミたち!


特に、木の植え込みの部分に多いのです。


辺りは暗いにもかかわらず、タバコの吸い殻は、悲しいことにその白さが際立っていました。


そして他にも、

缶や瓶、ペットボトル、紙くず、飲み残したままのタピオカ容器、ストローの袋、ビニール袋、タバコの箱、ガム・・・・

とりわけひどかったのは、喫煙所。

街なかの喫煙所には、囲いがあるのをご存知でしょうか。


  ↓ (※写真はネットからお借りしました)

喫煙所

その柵の隙間にあるのは、缶やペットボトル・・・


そして喫煙ブースの足元には、飲みかけのビール缶、缶コーヒーが放置・・・


その光景は、ごみ捨て場のようでした。

私は非喫煙者なので、喫煙エリアを意識したことは無かったけれど、こうやって喫煙所に立ち止まって、その中に足を踏み入れていくことは、初めての経験でした。


こんなにもゴミが乱雑されていることがショックでショックで・・・。


・囲いによって見えにくくなっている

・非喫煙者にとっては見向きもしない場所である


この2つが、ゴミの置き去りを助長しているような気がしました。


手にしたものは、人との交流・街との一体感


ショッキングな事実をお伝えしましたが、

拾ったのはゴミだけではありません!!

手にしたもの。

それは、


人との交流、そして街との一体感でした。

私たちがゴミを拾っていると、


「ゴミ拾ったんで(袋)いれまーーす!」


と言って、タピオカの容器をゴミ袋に入れてくれる若い女性。

画像4


信号待ちしていると、

見知らぬ方に、


「タバコのゴミ拾ってるんですか?」

「ありがとうございます」


と、声をかけてもらえる瞬間。


そして

インスタのストーリーでゴミ拾いの様子を撮影する外国人がいたり・・・。


お互いに面識がない「はじめまして」同士であっても、


「燃えるゴミの袋の方、いますか~?」

「ペットボトルってこっちの袋で合ってますか~?」


なんて、自然と声を掛け合い、生まれる一体感。


とっても温かい気持ちになりました。

そして何度も行き来しているこの街で、新しく見つけたものがありました!


それは、

こちらのゴミ箱!

画像5

表参道~原宿駅に向かう明治通り沿いにあるのをアナタはご存知でしたか??


どこかにゴミを放置したり、ポイ捨てしたりしないように、

そして誰もが分別できるように、

イラスト入りのゴミ箱が設置されていること。


ゴミ拾いを通して、

自分に見えていなかったものが、見えるようになった瞬間でした。


1時間の間で参加者全員で集めたゴミの量は

コチラ!

画像6


想像以上のゴミの量!


活動後には、参加者と一緒に、美味しいピッツァで有名なPIZZERIA SPONTINIさんご提供のピザパーティに参加してきました!

生地が分厚くて食べごたえのある大きなピザ!

画像7


とっても美味しく、ありがたくいただきました♡

ごちそうさまでした!


ゴミ拾い参加のきっかけは、お母さん

せっかくの機会なので、運営メンバーの大学生と接触すると、なんと運営側に中学生がいるとの情報が!


本人に話を聞いてみると、この中学生、不登校なんだそう。


しかし、ゴミ拾いをはじめてから、ものすごく気持ちが楽になって、少しずつできることが増えていったと話してくれました。

毎回いろいろな世代・職業の人と会うことで、とてもいい刺激を受けているようです。


私の心をさらに熱くしたのは、

この中学生がゴミ拾いを始めたきっかけ。


なんと、お母さんから、


「ゴミ拾い一緒に行ってみない?」


と誘われたんだそうです。


この日、中学生は、お母さんと弟と親子3人で参加していました。


「今日はゴミ拾いの日だね!」

「みんなで拾いに行こっか!」


そんな言葉を自然にかけられる女性、かっこよくないですか??



自分の身の回りを掃除すると、心がスッキリと気分良くなりますよね。


街をキレイにすることも、それと同じだけどそれだけじゃない。


もっともっと大きな効果があります。


それは、


拾った分だけ、その街のことが好きになっていくということ!


たった1時間であっても、

私たちと街との間に、深くて温かな関係性ができました。


それは、普段ショッピングで来るときとはひと味もふた味も違う感覚。


自分が拾う 

⇒ その街が好きになる 

⇒ その街から歓迎される 

⇒ もっともっとその街を大切にしたくなる


ゴミ拾いという活動を通して、そんな世の中の循環を作っていける予感がしました。

アクションを起こせるのはいつも自分から、ですね!

ただ、一人でできることなんて、本当にちっぽけなこと。


そんなときに、ミレディというステキな仲間と一緒になって、大きなアクションを起こしていきたいと思います!


最後までお読みいただきありがとうございます。


write by:ミレディ0期生 外山 千香子


子どもに教えている人のためのクリアマインド・コーチとして活動中♫

Twitter★https://twitter.com/tokachika

Facebook★https://m.facebook.com/chikako100000000

Instagram★https://www.instagram.com/chikako_mind/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ミレディを応援していただき、ありがとうございます!

嬉しいです!
10

ミレディ@20代女性のコミュニティ

20代の女性による”自己成長しながら、社会に貢献する”ためのコミュニティ。「社会のために何かしたい!」「自分の価値を高めて、成長したい!」という女性は、ぜひフォローしてください^^

コメント2件

おはようございます♪

ゴミ拾いはただゴミを拾えば
良いだけではないのですね😊
人との繋がりや住む町への
気持ちも変化するのですね。

私もまずは
ゴミを減らすところから
始めてみます💞
わかちゃん♡こんにちは!
気持ちの変化がこんなにもあることにわたし自身もびっくりでした。

ゴミを減らす、いいですね!わたしも、不要なものはもらわない、そこから始めているところです^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。