見出し画像

好きなことして生きる

幼少期の私

幼少期の私は、寂しいという感情をずっと抱いていました。

周りがゲーム持ってるのに自分だけ持ってなかったり、話の輪に自分だけ入れてないと感じてしまったり。

そういう感情を常に無意識のうちに感じながら生きていました。→当時はかなり苦しかったんだろうな...。


無意識に寂しさを埋めようとし始める

そんな私はだんだん寂しさを埋めようと行動し始めました。
学級委員長やったり、体育祭実行委員長やったり、「長」というありとあらゆるものをやってきました。


寂しさを埋める為の仕事探し

そして、就活時代の私も、寂しさを埋める為に、仕事をするんだ!みたいな思考をずっとしていました。

価値ある人であれば寂しさは埋まるはずだ!とか、人に直接何か影響を与えられれば、寂しさを埋められてると感じるはずだ!とか...。


だけど寂しさって埋まらないね。

本当にそうなんですよね。
寂しさを埋めようとしても一向に埋まらない。
埋まってると感じても、それは一瞬で終わってしまいまた感じ始める。

そしていつしか、「寂しさを埋める為に生きるって苦しくない?」という疑問にいきつきました。


その瞬間に着目してみる

そしていきついたのが、その瞬間に楽しそうとか、やってみたいと感じるものを選択し続けてみる。ということでした。

これも本当の自分の答えかは分かりませんが、現在はそう思ってます。


立ちはだかるもう一つの課題

ですが、そこでもう一つ気になるのが周りを気にしてしまう性格です。

周りの目が気になってしまって、やりたい事や興味あることを始められないということです。

そこで考えたのが、「仲間とやる」ことです。

自分は誰かが居れば頑張れたり、行動する事ができます。

なので、まずはやりたいことを発信し伝え、仲間と共にやってみる事が出来れば、今をもっと楽しめる人生に出来るのかなって思ってます。


皆さんも、こうあるべきだとか、家族を養う為に働かないといけないんだ!とかあると思います。

ですが一度こう問いかけてみても良いのかなって思います。

あなたは今楽しいですか?やりたいことできてますか?

ぜひ、皆さんが幸せな人生を歩むきっかけであれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♪
8

すずき しょーま

とある企業で会社員しています。 自分のテーマは、”自分の好きを体現する”です。 自分が”こんな記事あったらいいな♪”をテーマに記事を書いていけたらと思います。 文章書のは苦手ですが、よろしくどうぞ。

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

ありんこが撮影した写真を、みんなのフォトギャラリーから引用してくださったクリエイターさんたちのnoteまとめ。 写真を使ってもらえて嬉しいです。 (随時追加してます。追加しそびれがあったらこっそり教えてください...)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。