見出し画像

インターネットが教えてくれなかった海外旅行の注意点

先日一人で海外に行ったとき、事前に調べきれていなかったことを3つ記録しておく。

1.海外ではスマホの充電に時間がかかるし、あっという間に充電がなくなる(ヨーロッパ・東南アジア滞在時)
変圧器などを使用しているせいか、日本にいる時よりも充電に時間がかかる。
また、wifiやGPSの頻度が増えるからか、充電がどんどんなくなる。
スマホがないと困るという人は、バッテリー(これも充電に時間がかかる)を忘れないように注意が必要だと思う。

2.国際線の飛行機の乗り継ぎはゲートがちょいちょい変わる(ドバイ空港利用)
直行便を使わない場合、乗り継ぎが発生する。
乗り継ぎは長いと10時間を超えたりするが、この乗り継ぎ時のゲートは2時間前くらいまでは変わる可能性があることを意識しておかないと、お手洗いに行く時間などを逃してしまう可能性がある。


3.機内の手荷物にはUSBケーブルを持っておく(空港で充電できなくても飛行機の座席で充電できる)
国内線ではあった記憶がないが、国際線ではUSBがさせるタイプの機体がほとんどだった。(日本から東南アジアにいく機体のみ旧型だったため、USBポートがなかった)
空港で十分に充電できない場合、手荷物に充電ケーブルを持っておき、機内で充電しておくのがスムーズだと思った。

逆に、そんな感じなんだなと思ったのは乗り継ぎの空港では無防備に寝ている人が多いけど、スリとかはいない様子だった。(自分も空港の椅子で寝ていたが、危険はなかった)

あと、入国審査において、「Immigration」という表記がスタンダードかと思いきや、「Border Police」という表記の場合があることを知った。前評判通り、入国審査では日本人は何も聞かれないようで機械的に入国できた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Chai

平成生まれ社会人6年目、知ってる人がたくさんいるところに行くのが嫌い。絶対人見知りじゃないといわれるけど、独りで現象とか事実を考察するのが好き。世の中とか、自分の好きな人の役に立てるように、思考力と表現力を鍛える。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。