生活

都心部にある大きめのブックカフェに来た。
わたしは本が好きだ。
参考書も図録も小説も好き。
忙しい日が続くとブックカフェで気になる本をありったけ抱えてドリンクを片手に本を読み耽りたい衝動に駆られる。
読んだ内容わりとすぐ忘れちゃうんだけどね。

今日はひさしぶりに本を読みに来れた。
トイレは故障中だった。
店員さんに確認したら同ビル内の5階のトイレが使えるらしい。
何冊かパラパラ読んだ後、一旦席を立ちトイレへ向かう。
エレベーターの表示が5階を示し扉が開いた途端、廊下にいた電話中の女性と目が合う。電話相手に断りを入れつつ話しかけてきた。

-あ、本屋のスタッフさん?違うんですか?この階のトイレ使おうとしてます?本屋のスタッフに許可もらってても使わないでください。ダメです。やめてください。

その勢いに流されそのままエレベーターに乗り本屋へ戻る。
なんだか不甲斐ないが泣きそうになる。不意打ちに怒られたなぁ。
店員さんに話すと

-そういう社員さん居てるみたいだけど許可取ってるから大丈夫。気にしないで!着いて行きますね。

店員さんに詫びつつ、
エレベーターを待ち開いた扉から
-わたしも5階で御手洗断られました。
と困り顔の女性が出てきた。
彼女も一緒に3人で5階へ戻り、店員さんに事情を話していただき無事2人ともトイレへ。

-知らなひとに怒られるとかめっちゃ嫌ですよねー、悪いことしてないのにね!
と2人で店に戻る。

なんてことの無い話、
こういったささやかな話、
ちっっっっさなトラブル。
わたしは面白いなと思うのだけど、聞く人によっては
「ハズレくじひいたね~」
「今日は不運な日だね~」
っていうまとめになっちゃうんだよね。

勝手に人の一日を不運と決めつけないでおくれよー。


そんなわけで誰に話すでもなくnoteに書きました。


とりとめのない日常生活。
またね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい~読んでくれた上にスキまで!ありがとうございます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。