見出し画像

インタビューnoteをつくります。

ほぼ日で連載していた、矢沢永吉さんと糸井重里さんの対談が、今日でフィナーレ。

全15回、あっという間だったな。

読めば読むほど、引き込まれた。ライブ感を残しながら、細かいところまで丁寧に、そして楽しげにつくられている。

いいなあ。

どんな風に構成をしてるんだろう。どんな風に永ちゃんらしさを出しながら読みやすく文字にしてるんだろう。

内容はもちろんサイコーにいいのだけれど、ライティングにも目が向く。

たとえば、こんなところ。

矢沢
もう、自分をもう一回、
見つめ直すぐらいのことを言って、
家族、大迷惑なのにぜんぶ連れて
ロサンゼルスに移って。
で、ちょうど糸井サンも‥‥
(聞いている乗組員たちに向かって)
あの、ぼく、ふたりだったら、
イトイのこと「イトイ」って呼んでるんだけどね。
糸井
(笑)
矢沢
人前だと、とりあえず「糸井サン」で。

確かに、永ちゃんのことをあまり知らないけど、「糸井さん」よりも「糸井サン」って、言ってそうなんだよね。細かいことかもしれないけど、こういうところとか、時々出てくる英単語をくどくないくらいにカタカナで表記して織り交ぜているところ。タイトルの「スティル」とかもそう。

そのひとに、その時間にしかない空気が切り取ってある。

わたしは、ほぼ日の塾で、はじめてじぶんでインタビューをしに行って、記事にまとめた。

添削などはなくわたしが書いたまま載せてあるので、今見ても直したいところがいっぱいあるけど。はじめてひとりでやったインタビュー、森下さんがすてきなひとというだけで、わたしにできてることは少ないけど。

でも、インタビューをすること、インタビュー記事を書くことに目覚めた体験だった。

もっともっと、インタビューしてみたい。

そんな思いで読んでいるから、前よりも気づくことがいっぱいある。きっと削ったであろう言葉に気づくこともある。

いま、わたしはひとまず10人にインタビューしたいと思っている。そしてnoteに載せる。タイトルももう決めたんだ。

くりこの『素朴なこと』聞いてもいいですか?

なにも知らないわたしが、インタビューしてみたいから、こう名付けた。とくにひねったり、ダジャレにしたりもしなかった。

いつものお花屋さん、フリー料理人のオリタタクヤくん、コーチングのみきみきさん、お笑いのネタを作る芝山大補さん。

あとは、聞きたいなあと思ってるひと、ほかにもいるんだけど、ちょっと走り出してから、タイミングのいいひとに聞きたい。何年後かに話を聞きたいなっていうひともいるのだ。

ちょっとずつ、前に進んで。仕事にもできたらいいなあ。

野望を持って、やってみます。

ヨロシク!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

さいごまで読んでくださり、ありがとうございます! サポートしてくださったら、生活費にあてますね。とてもリアルで夢がないですが、わたしの血となり肉となり、次のnoteになります。

よろしければ、また明日もお会いしましょう。
35

くりたまき(くりこ)

写真がすきなコピーライター。毎日30分でnoteを書いてます。花を飾って、ぬか漬けをつけて、ささやかだけど平和なひとり暮らし。道具にこだわりたいひと。最近買った菜ばしがとてもすてきでテンション上がってます。お仕事の依頼はTwitterのDMからお願いいたします。

30minutes

平日のお昼やすみに、30分で書いています。とくにテーマもなにもなく、思いついたことを並べています。

コメント2件

先越されたァァァ!!
歩くん
え、歩くんもインタビューするの?めっちゃ読みたい。読みたいよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。