見出し画像

運命のピアス

多くのアクセサリーを捨てられたのは、運命のピアスに出合ったからだ。

1月のある日、ハワイのホノルルで、ダウンタウンをうろうろしながら写真を撮っていたとき。そのお店を見つけた。

「GINGER13」

店内には、天然石を使ったアクセサリー。ピアスもネックレスも、オーナーでジュエリーアーティストの、シンディ・ヨコヤマさんがつくったものだと本人が教えてくれた。グラマーで黒目黒髪のシンディさん。パキっとした赤のリップが似合っていた。

私は英語はほぼできないけれど、ガラスケースの前で話して、いろんなことを教えてもらう。
「この石はなんて名前?」
「どんな石なの?」
「これ、すてき!」
そんなことをジェスチャーをまじえてカタコトの英語で聞くと、なめらかでやさしい英語が返ってくる。

個性的で、それぞれの石の良さが伝わってくるアクセサリーがいっぱいあって、悩んでしまった。そう、もう買うことは決めているのだ。問題なのは、どのこを連れて帰るか。

お店のなかをゆっくり一巡して、いちばん心がときめいたピアスに決めた。

ラブラドライトという、一見地味な石。だけど、ふしぎな色のきらめきが、角度を変えると石のなかで泳ぐ。

しずかにひかえめな石もあるけれど、わたしの選んだピアスの石はどの角度でもひかりが泳ぐ石だった。

「これはとても特別な石よ」

英語でシンディさんが、ちいさく囁く。
それはわたしにもわかっていた。
この石は、特別だ。間違いなく。

むかしから、ラブラドライトがすきだった。けれど、ここまで惹かれた石もない。

「アシンメトリーにつくっているの。対になるピアスにも、ラブラドライトとムーンストーンを使っているわ」

シンディさんが指をさして教えてくれる。ムーンストーンは、6月の誕生石。6月生まれのわたしには、運命としか思えなかった。買いものをするときの、欲しくて仕方ないひとの症状のひとつ「こじつけ」なのかもしれないけど、たしかにわたしはそう思った。

すべてのアクセサリーはシンディさんの手づくりした一点もの。しかも、お店はハワイ。ここで買わねば、わたしはずっと後悔することになる。

「これ、買います」
「いいものを選んだわね。
 ラブラドライトは、MAGIC STONEなのよ」

ちから強く、シンディさんは笑顔でうなずいた。
わたしはうれしかった。

日本に帰ってきてから、風の強い日や、クライアントを訪問するとき以外は、よくこのピアスをつけている。
集めていたほかのピアスは、その多くを捨てた。ついでにネックレスも捨てた。きちんと選び直したものだけが、いまはケースにきれいに収まっている。

いままでアクセサリーは、「武装するためのもの」だと思っていた節が、わたしにはあった。なにか外敵から身を守る鎧のようなものなのだと。
でも、このピアスを買ったとき、ちがうと気づいた。

アクセサリーは、
パワーを増幅してくれるもの。
わたしらしくいることを助けてくれるもの。

これからずっと、一生大切にしていきたいなと思う。
よろしくね、わたしの運命のピアスさん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

さいごまで読んでくださり、ありがとうございます! サポートしてくださったら、生活費にあてますね。とてもリアルで夢がないですが、わたしの血となり肉となり、次のnoteになります。

よろしければ、また明日もお会いしましょう。
82

くりたまき(くりこ)

写真がすきなコピーライター。毎日30分でnoteを書いてます。花を飾って、ぬか漬けをつけて、ささやかだけど平和なひとり暮らし。道具にこだわりたいひと。最近買った菜ばしがとてもすてきでテンション上がってます。お仕事の依頼はTwitterのDMからお願いいたします。

30minutes

平日のお昼やすみに、30分で書いています。とくにテーマもなにもなく、思いついたことを並べています。
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

とても、素敵
ありがとう😊
いいもの読ませていただきました😊
私も、身につけるたからものが少し、それは私の心の中のたからものといつもリンクしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。