ちゃんと休む、の難しさ

なかなか休むことができない。

バリバリ編集者として働き続ける母親や、働く両親の姉たちを見て、
そもそも女性が働くことはもう生まれた時から当たり前だったし、
「忙しい」の基準も、もはやよくわからないことになっている。

だから、「忙しそう」と恥ずかしながら周りから言われるときも、
自分ではそうでもないと思ったりしている。(末期)
ついついやりたいことをやるために気づかないうちに
カラダを酷使していたり、動き続けたりしがち。

ただ、ちゃんと休まないといけないということは日々思っているし、
休めるときに休む、と決めている。

男女関係なく、年齢関係なく、
まずは健康じゃないと動きたくても動けないし、
これからも働き続けるために、やりたいことをやるために、
自分を大切にしてあげないといけないと思う。

休むことに罪悪感を持たず、しっかりと休むこと。
リラックスできる、癒されるものを持つこと。
自分でリカバリーできる手段を持つこと。

疲れたり、めげたりしたときに、
どうやって回復するかの手段をいくつも持っている人が強い人なんだと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

軽やかに生きる

働き方について思うこと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。