つくる人になると、人生はより楽しくなる。みんなで新たなカレーを発明する「6curryLAB」はじまります。

はじめまして。6curryのシェフ・メニュー開発担当の新井一平と申します。

シェフと言っても、私は調理師免許を持っているわけでも、カレーの修行を積んだわけでもありません。私にあるのは、これまで約30以上の市区町村にて8,000人近くの人と一緒に、地域の食材を使ってカレーを作って一緒に食べてきたという経験です。3才児と一緒に玉ねぎを収穫したり、80代のご年配の方とスパイスを配合したりと、幅広い世代とカレーを囲んできました。

8,000人近い仲間の笑顔やカレーの味は、どれも強く印象に残っています。活動の対価はお金ではなく、みんなの笑顔。その笑顔の発信源になれるのはとても幸せな事だと実感してきました。

そもそも、なぜカレーなのか?そう聞かれたら次のように答えています。「私の両親は食の好みが合わなく、晩御飯は喧嘩が絶えなかった。しかし、カレーだけは両親共に好きな料理だったので、食卓は平和だった。いつしか私にとってカレーは愛と平和の象徴になっていった。だから、私はカレー自体も好きだが"カレーのある食卓"が最高に好きなんです」と。

実は、私自身も最初からなにかをつくる人というわけではありませんでした。しかし気がつけば、毎日のように様々な場所でカレーを作るようになっていました。何かをつくることは、どんな消費でも経験できない最高のエンターテイメント。それをこうやって誰でも楽しめるのは、カレーだからだと思います。


カレーは、あらゆる壁を取り除き、混ざり合うことができる料理。

カレーの定義は「混合調味料を使った料理」と言われています。調味料の幅は広く、西洋のターメリックやクミン、日本の醤油や出汁、中国の山椒や八角、最近はハーブや薬草などを使ったカレーも登場しています。カレーに国境はなく、あらゆるものを受け入れる特別な料理だと言えます。

私がつくるカレーに、香辛料を使う以外、こうでなければいけないというルールはありません。(私には麻婆豆腐はカレーに見えます笑)そんな自由で余白だらけのカレーだからこそ、多くの人と一緒につくる体験が可能になっていたんだと思います。例えば、6curryがハブになって、地方の農家さんと東京の主婦とイタリアンシェフと一緒に新作カレーを考えることもあるでしょう。


「6curryLAB」というカレーの実験場。

6curryとは何か?については、第一回の記事で触れています。

「新しい混ぜ合わせのカレーで、世界を混ぜ合わせる」 6curryの目指すこと

6curryのテーマは、「混ぜるって、楽しい」。アイディアや人を混ぜて新しいものを生み出しながら、カレーという料理体験の可能性を追求しています。

レシピ開発をしていると「これはカレーなのか?」「カレーとはそもそも何なのか?」という問いかけを何度も繰り返します。カレーは普通に作ればほとんど失敗しない料理ですが、6curryの商品開発では、今までにないものを作ろうとするので、失敗も経験します。しかしその失敗が、アイデアのヒントになり、今まで接することのなかった人やモノとのコラボを生み、新しいカレーにつながっていく。その出会いによって何かが生まれていくプロセスが楽しくてたまらないんです。

これまでの商品開発は、私が中心になって6curryのメンバーと進めてきました。試食会は毎回、大盛り上がりします。しかし、こんなに楽しいプロセスならば、もっと色んな人たちと一緒にやりたい。みんなで知恵を出し合って料理すれば、さらに面白くなるだろうという確信があります。だから、6curryの再オープンに向けたこのタイミングで、「6curryLAB」をつくり、メンバー募集することにしました。

活動内容はシンプルで、一緒に6curryの新商品を開発すること。第1回は、6月21日に開催します。まずは私がつくった「サラダカップカレー」と新商品「飲むカレー」を食べてもらいます。いろんな食べ方をしてもらいながら意見をもらい、最終的には一緒に料理していくイメージです。ああでもない、こうでもないと言いながら、スパイスを混ぜたり、肉や野菜を調理したり、主食との組み合わせを考えることで、新しくて美味しいカレーを発明していきたいと考えています。


ラボメンバー、まずは5名限定で募集します。第1回は、6月21日18時スタート!

ラボメンバーの参加条件は一つだけ。「混ぜる」ことを楽しめる人であること。調理師免許やプロであることは必要ありません。私たちは、未知なるアイデアもとりあえず試してみることが大事だと思っています。どんなに料理を追求した人でも、カレーはゴールが見えない料理だと良く聞きます。余白が多い料理である分、その自由さに打ちひしがれることもあるでしょう。だから、みんなでつくることを楽しみながら実験したいと思います。

料理はもっとも多くの人に開かれた、創造のチャンス。カレーはその最たるもの。経験の有無に問わず、なんか楽しそう!と思った人は、ぜひ参加してみてください。

↓ 応募フォームはこちら ↓ *応募期限:6月11日23時59分まで
https://goo.gl/forms/EoVIqpksD4qWQlmH3



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
42

6curry

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。