まわり道も、きっといい。TRAVEL DOCTOR 中村元さん1日店長DAYを開催しました

6curryKITCHENではさまざまな出会いがあります。ある日キッチンに訪れて、そこから6curryのメンバーと仲良くなったのは「フリーランスの医者です」と名乗った中村元さん。

「医者ってフリーランスとかあるの?」と食い気味のメンバーや他の常連さん。そこから一気に仲良くなり、トラベルドクターだけでなくダンスをしたりカフェのオープンを控えていたり、幅広く活動していることを知りました。

いろんなジャンルの友人を持つ中村さんだからこそ、彼らと6curryを混ぜたい!という話になり、今回のイベントが実現しました。

【1日店長:中村元さんプロフィール】
中村元(なかむら げん)
TRAVEL DOCTOR
平成元年生まれ。住所不定。ゲストハウスやAirbnbで日本を転々としながら医師として働く。所有しない身軽でシンプルな暮らしを実践中。来年1月には間借りで東京にカフェをオープンする予定。

この日のキッチンには、普段はないネオンが。中村さんが持ってきてくれたものなのですが……。

中村さんが共同生活しているダンサーたちのシンボルとしての「tune」という意味、間借り(まがり:曲)で生活したりいろいろなことをしたり紆余曲折に生きるのもいいじゃん、という意味が込められているネオンです。

また、カウンターの隣のスペースも大賑わい。

6curryに集まるいろいろなひとをmixするためには、曲の力を借りるのがぴったりだ!ということで、中村さんの友人がDJをしてくれました。

またその音楽にあわせて、いろいろなひとがダンスを披露。

たくさんのひとがステージに進み、かわるがわるダンスをします。ダンスバトルのように繰り広げられるステージに、お客さんも釘付けです。

この日は中村さんの友人・かなさんが調理を担当。先日みんなで行った北海道の材料の美味しさに感動したということで、北海道の材料を中心にカレーやおかずを用意してくれました。

かぼちゃやじゃがいも、まいたけなど、素揚げされた新鮮な野菜のトッピングをオーダーすると、北海道スペシャルカレーの出来上がり。お皿からはみだすほどの野菜に、みんな大喜びです。トッピングの卵は大人気ですぐに売り切れ。

風船を持って楽しむ女の子も、ノリノリです。

---

たくさんのひとが混ざる中で、いつも感じること。迷ったり、立ち止まったり、人生において遠回りをすることはたくさんある。たまにそのことに引け目を感じて、自信をなくすこともある。

でも、それは知らないことが多いだけかもしれない。ひとと知り合って話す度、「なんとかなる」と思うのだ。自分が今抱えている問題は、他の誰かがすでに乗り越えたものかもしれない。そして逆も、きっとある。

だから「混ざる」ことをテーマに、カレーを中心にコミュニティをつくっているのだと思う。

---

6curryでは、カレーだけではなくいろいろなものを「混ぜる」というテーマでイベントを開催しています。

今回のように、食べ物だけではないものとも混ざり、新しいコミュニティづくりをしていきます。

2019年もたくさんのイベントを用意しているので、次のイベントもお楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!嬉しいです!
5

6curry

イベントレポート

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。