見出し画像

コンテンポラリーダンス/言葉では表現し切れない想いを身体で表す

『感情は表に表さないもの』

「教育」という言葉を使い
「自分を出さないこと」僕らは教わってきた。

しかし、この「出さない」という選択が
情熱や、想いや、オリジナルの表現をも
自分の中に閉じ込めてしまう原因になっている。

閉じこめてしまっているから
自分としての「生き場」がどこだか分からなくなっているんだ。

*****

【時代に合った表現方法】

コンテンポラリーダンスが注目され始めたってことは
そんな“抑圧された時代”が終わろうとしているのかもしれない。

20年前にもあったんだよね、コンテンポラリーダンス。
でも、その時はぜんぜん注目されなかったわけよ。

それが今になって注目されている!!!

きっとね、注目されるくらい
僕らの中にある「生きる衝動」が表出したがっている証拠。

生きる衝動/命が、日の目を見るために、輝くために、今の時代に合った表現方法なのかもしれない。

閉じこめてしまった“自分”を解放し、感情や想いを
指先、つま先、細胞の一つ一つまで流していくことで、自分を体感する。

全身で自分を感じることができたら
今まで止めていた「何」が流れ始めるんだろう??

*****

【自ら源になり世界を変えていく】

自分から生き場を奪ったきっかけは、社会にあったのかもしれない。

でも、大人になった僕らができることは
自分を解放するツールをみつけ、場をみつけ、表現する喜びを通し
自分をあらためて体験できる世界が在るっていうことを、まずは“知る”ということ。

いつまでも社会のせいにしないで
自分が源になって、自分の想いを表わしていく。

=====

「出さないこと」が大人になることだっていう環境の中で生きてきたら
表現をすることがものすごく怖いことだと思う。

怖いからダンスの力を借り
安心の場で思い切り解放していくことから始めたらいい♪

僕ら一人一人の意識と表現が変われば
きっと世界はもっともっと楽しい場にシフトしていくはずだから(^_-)-☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

708 kawasaki

「あなたの人生に深く関わりながら生きたい」 私の中に流れている想い。本当はみんなに伝えたい。けれど自信がなく言葉に責任を負うことが怖かった。そこで選んだのが俳優として伝えること。今は舞台を降りて出逢った人に直接伝えています。読んでくれた人すべてに可能性の灯がともせたら嬉しい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。