見出し画像

エンジニアが心置きなく技術を追求できる“エンジニアパラダイス”の作り方/CTO・マネージャー狩野裕介インタビュー

エンジニアにとって働きやすい職場とはどんな場所でしょうか?個性的なエンジニアが集まるタンバリンの大阪オフィスにおいて、その答えを求めて日々奮闘するマネージャーの狩野裕介に、どんな想いでメンバーと向き合っているのか語ってもらいました。

プロフィール

狩野 裕介 / Yusuke Kano
株式会社タンバリン CTO
クラウドインテグレーション部 大阪開発チーム
チーフエンジニア兼マネージャー

HTML、CSSの制作やFlashによるインタラクティブなコンテンツ制作を数年間経験した後、エンジニアへ転身。Herokuを利用したPHP、Laravelのアプリ開発、Salesforceを利用したAPI、システム開発などバックエンド全般に携わる。現在はクラウドインテグレーション部の大阪開発チームマネージャーとして、エンジニアが楽しくやりがいを持って働ける環境の構築と、チームの生産性向上のために日々奮闘。
Twitter @usk

1年前に課せられた「エンジニアパラダイスを作ってほしい」という辞令

――まず、現在の仕事内容を教えてください。

昨年、大阪開発チームのマネージャーになり、今期からはCTOも務めています。マネージャーに就任した時、代表の中尾さんに言われたのが「エンジニアパラダイスを作ってほしい」でした。

――エンジニアパラダイス……?

中尾さんらしいですよね(笑)。常々「優秀なエンジニアが働きやすく、なおかつ、そんな人たちが集まって、みんなが楽しく仕事できる環境を作りたい」と言っていたので、そういう意味かなと解釈しています。

エンジニアパラダイスを作るためにどんなマネジメントをすればいいのかと日々考えているのですが……、コードを書くのとは全く違って、対人のマネジメントという仕事はなかなか難しいですね。

――今もコードを書いているんですか?

いえ、今はほとんど開発に関わることはありません。だいたい半分の時間を経営陣や他部門との連携やミーティングに費やし、残りの時間でメンバーとの面談として1on1をしたり、マネジメント関連の業務をこなしている状態です。常に「働きやすさとは何か」を考えて動いています。

画像1

学生向けMeetupで参加者と語る狩野

「タンバリンらしいマネジメント」とは?

――タンバリンは会社全体で1on1を実施していますが、最初に始めたのは狩野さんだったんですよね?

そうですね。マネージャーになってまずチームに導入したのが1on1でした。チームの関係性を良くするために始めて、それが上手くいったので社内にどんどん広がっていったんです。

1on1の目的は、マネージャーとメンバーの相互理解による信頼関係の構築。マネージャーが主体になって、メンバーを指導していくのが目的ではありません。あくまで主役はメンバーで、何を話すのかもメンバーが決めます。必ずしも仕事の話をしなくていいですし、用があろうがなかろうが必ずやり、自身を振り返る場としても活用してもらっています。

――マネジメントをする際に、意識していることは何ですか?

“タンバリンらしさ”ですかね。タンバリンはいい人が集まっていて雰囲気も良く、新しく入ってきた人も自然に溶け込んで楽しそうに働いています。そういう雰囲気やカルチャーを維持するためにどうしたらいいか、というのを常に意識しています。

もちろん、会社が成長するためには、雰囲気作りだけでなく、個々の成長も欠かせません。

例えばタンバリンは、Salesforceが提唱しているフレームワーク「V2MOM」を評価に取り入れています。これは、目標を管理した上で、その目標達成に対してメンバーが何をするべきかを明確にするもの。1on1でも、その過程をサポートしたり、何かつまずいている部分があればアドバイスしたりと活用しています。

そもそもマネジメントって、日本語では「管理」と訳せますが、自分は「支援」の方がしっくりくるんですね。1on1もあくまでメンバーの成長を支援したり、不安を解消したり、アドバイスする場だと思っています。

どう一緒に成長し、どう一緒にタンバリンを作っていくかを考える。だから、極力具体的なアドバイスはせず、考える手助けをするようにしているのですが……なかなか難しいですね。ついつい口を出し過ぎてしまうことが、まだあります。

画像4

社内のあちこちで技術話に花が咲く、エンジニアパラダイスを

――エンジニアチームのマネージャーの難しさは何ですか?

メンバーのスキルアップをどう導くかという点ですね。若手から「どの技術を伸ばせばいいか」と相談されることがよくあるのですが、技術はあくまでもクライアントの要望を実現するための手段。なので、会社として特定の技術に強くなってほしいと明示することはありません。

ただその一方で、タンバリンに足りていない技術をスキルマップを作ってひと目でわかるようにしています。メンバーそれぞれのスキルを共有・把握し、各自がこれから身に付けるべき技術を判断するのはアリでしょう。

情報提供や考え方の手助けは十分にしますが、やはり自分のキャリアは自分で決めることが大切だと思います。

――マネージャーとしての今後の目標を教えてください。

マネージャーは、仕事を割り振りすることも大事な業務です。なので、誰か1人に負荷が集中しないよう、バランスを取ることは気をつけていきたいです。

当たり前のことですが、正直なかなか難しく、時には1つのプロジェクトに関わるメンバーだけが大忙しになってしまうことも。そうならないよう、ゆとりを持って取り組めて、極力定時で帰れて休みもきちんと取れるようにより工夫していくつもりです。

またより気軽で密なコミュニケーションをとれるようにもしていきたいと思っています。今も1階のカフェスペースでよく雑談しているのですが、より風通しがよく、働きやすい環境を追求していきたいです。

そして近い将来、仕事に直接は関係なくても技術の話を年がら年中ワイワイとしているような、“エンジニアパラダイス”を実現したいですね。

画像4

★少しでも興味をもってくださった方は、フォローしていただけると嬉しいです。


★新たな仲間を探しています。
現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。


更新の励みになります!
16

タンバリン広報

株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

tambourine magazine

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。