見出し画像

転職して出会えた、人生の恩人と最新のテクノロジーを追い続ける刺激的な日々/テクニカルディレクター 白石尚也インタビュー

前回、代表・中尾へのインタビューの中で「2人のチームからスタートした」というエピソードがありましたが、今回はSIerから転職し「3人目のメンバー」となった白石尚也に、転職の経緯や仕事に対する想い、そしてタンバリンで働き続ける理由について語ってもらいました。

プロフィール

白石尚也 / Naoya Shiraishi
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション部 東京開発チーム
プロダクトマネージャー / ソリューションアーキテクト
製造業系SIerで基幹システムの開発・保守を経験後、タンバリンに転職。Salesforceが提供するビジネスアプリケーション向けクラウドプラットフォーム「Heroku」環境でのカスタムアプリケーション開発や、Force.com、Pardotの導入・運用プロジェクトを中心に手がけている。
またR&Dチームとして、常に最新のソリューションやプロダクトの研究開発にも余念が無い。
出身である関西のSalesforce開発者を中心としたコミュニティー「Umekita Force」の企画・運営にも携わり、会社の枠を越えた開発者同士の情報交換やノウハウ共有にも心を傾けている。

ーーまず普段の仕事内容を教えてください。

アプリケーションやWebサービス開発におけるプロジェクト管理や開発、運用も含めてクライアントと折衝しながら、責任を持って案件を完遂させるのがメインの仕事です。

案件によっては事前にクライアントから相談を受けてアーキテクチャ的な設計、先方のサーバー環境や外部との連携、どんなプラットフォームを使用するかなどソリューション全体のプランニングも行います。

最近はクライアントとの信頼関係が強くなり、大規模なプロジェクトも増えてきたので、PMやSE、フロントエンドのディレクター達としっかりチームを組む案件が多いですね。

その一方でR&D(研究開発)というミッションも受けています。
最新のプロダクトやソリューションの情報収集はもちろん、将来的には収益の柱となるパッケージ製品の開発も目指しています。

例えば、セールスフォース・ドットコム社の担当者と日頃からアライアンスを深めることも重要な業務のひとつ。それにより、新しいプロダクトがリリースされたときに最初に利用・研究でき、クライアントにどう提案するかまで考えることができるのです。

またAWS ( Amazon Web Services ) やGCP ( Google Cloud Platform ) といった他のクラウドサービスや、さらにはまだ見ぬ海外プロダクトも含めて俯瞰した目線で研究しながら、Salesforceと組み合わせることで新しいソリューションを生み出していきたいですね。

常に新しいテクノロジーに触れることができるので、飽き性な自分にぴったりの役割です(笑)。

画像1

”ゴリゴリ”のSEとして過ごした日々から、新天地へ

ーー次に、前職について教えてください。

実は大学までは文系なんです。
PCを触るのは好きだったのでなんとなくITの世界に進みたいと思い、情報処理系の資格はいくつか取得していました。

念願叶って製造業系のSIerに就職し、SEとして工場のシステムを刷新する大きなプロジェクトチームに配属されました。
いわゆる”ゴリゴリ”のエンジニアとして、山ほどある古い紙の仕様書とにらめっこしながら新しい仕様書を起こして、レビューをもらってまた直して。逆に新しい仕様書を古いのに戻すこともありましたね…。サーバーにトラブルがあれば、サーバールームにこもりっきりになることも……。
そんな業務に一生懸命立ち向かう日々が続き、5年後にやっとリリース。そのシステムの運用・保守を1年くらい担当した後、転職しようと決めました。

ーー転職を決意したきっかけは?

新卒ですぐ大きなプロジェクトに参加させてもらえたのは、とてもいい経験でした。
ただSIerにいると、どうしても運用性や保守性を重視した「古き良き物を大切にする」という価値観になりますよね。
6〜7年経って、自分の中で「せっかくIT業界に入ったんだから新しいことをやりたい!」という気持ちが抑えきれなくなっていました。
ちょうど「クラウド」というワードを専門誌などで見かけるようになってきた頃でしたね。

そんな新しい分野に興味が湧いてきたタイミングで登録していた転職サイトから「クラウドサービスを始めたばかりでSEを探しています」というオファーが届き、すぐに返信しました。

その面談で出会ったのが、クラウドチームの責任者だった中尾さんです。
これから新しいテクノロジーを取り入れてどんどん挑戦していきたいという熱い想いと、Salesforceと外部のWebサイトと繋げるという今まさにタンバリンでやってるビジネスに直結する話を聞かせてもらいました。

何より、すごく楽しそうに面白そうに話していたのが印象的でした。こんな人と一緒に仕事したら楽しいんだろうな、自分の世界観が広がるんだろうなと直感しましたね。今までそんな出会いはなくて、すごくワクワクしたのを覚えています。

家に帰ってお礼メールを書こうとしていると、中尾さんからメールが来ました。「ぜひ当社に来てください」と。面談が終わってまだ3時間しか経ってないのに!
すぐに書きかけの文面を消して「行きます!」と即決でしたね。

画像2

ーー実際に働いてみてどうでしたか。

2013年当時のチームは大阪オフィスに中尾さんと僕、東京オフィスに1人と合わせて3人。
「Salesforceのことは教えてあげるから」と言ってたのに、中尾さん週の半分は出張でいないんですよ(笑)。

入社してすぐにシンガポールの関連会社から発注されたSalesforceのプロジェクトに参加しました。
当然フロントエンドも英語だし、Salesforceは初めてだし、要所要所は中尾さんや先輩に聞きながらも必死で勉強しましたね。

その案件では顧客データを登録フォームからSalesforceに繋ぐ部分の開発をメインで担当しました。CRMとWebサービスを繋ぐ、一番シンプルなやり方ですね。

最近ではCRMとWebをベースに、PardotやMarketing Cloudといった新しいクラウドサービスを連携させる複雑性の高い案件も増えてきましたが、最初に基本形を経験したことが今でも活きています。

Herokuとの画期的な出会い

その後、Herokuというクラウドプラットフォームを使い始めましたが、これが画期的でした!

その特徴は、まず環境の準備にほぼ時間がかからない。
サーバーを立ててOSをインストールしてDBを立てて…といった従来の手間がなく、インフラに特化したメンバーがいなくても、すぐにアプリケーションを作ることができます。
DBなど必要なサービスもすべてアドオンから入れるだけ。
もちろんSalesforceへの連携もシームレス。

そんな手間や工数を削減できると、様々なメリットが生まれます。
クライアントの依頼を受けてから、開発・納品までの速度も見違えるようになりました。
UI/UXデザインといったユーザーと直接関わる部分にリソースを注げるようになったことも大きいですね。

開発実績を重ねていくうちに、2015年にリリースしたモバイルアプリはテレビでも取り上げられるほど注目を集めました。

そのおかげで業界内では「Herokuの開発が得意なタンバリン」と知名度が上がり、僕自身にもSalesforce World Tour Tokyo 2017のセッションに登壇する機会や、名指しで相談や発注をいただくようになりましたね。

画像3

タンバリンでの今までとこれから

ーーキャリアを重ねていく中で、苦労したことはありませんでしたか?

タンバリンには常に新しいことにチャレンジするプロジェクトが多くて、しかも1つや2つじゃなく新しいことだらけ(笑)。

勉強しながら突き進んでいくためにかなりエネルギーを消費しますが、覚悟を決めて望んで飛び込んだ世界なので、すごくやりがいがあります。
むしろ同じことを何度もやる方が自分は苦手ですね。

ーー最後にタンバリンで働き続ける理由を教えてください。

クライアントに一番近い立場として、大小に関わらず様々なビジネス上の課題を一緒に解決できた時はこの上ない達成感を感じられます。これは受託開発だからこその喜びですね。

それと自分がここまで成長できたのは中尾さんのおかげだと思っています。出会えたことを神様に感謝したいくらいです。だからこのタンバリンを一緒に成長させたい、という想いも強いですね。……言ってて少し恥ずかしいですが(笑)。

また今後は、恩返しの意味も込めて自分が経験したように、新しいテクノロジーに触れる機会や成長できる環境をメンバーにも提供していきたいですね。

かつての僕と同じように、新しいことにチャレンジしたいけど日々の繰り返しの中で悩んでいるエンジニアやSEの人がいたら、ぜひ気軽に話を聞きにきてもらえたら嬉しいです。

【Follow us!】
タンバリンに少しでも興味を持ってもらえたなら、下記のお好きなメディアからフォローをお願いします!

tambourine magazine | note

タンバリン公式メディア一覧(linktree)
読んでいただきありがとうございます!
21

タンバリン広報

株式会社タンバリン(https://www.tam-bourine.co.jp/)広報担当アカウントです。タンバリンの各メディアはこちらから→https://linktr.ee/tambourine_inc 「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」

tambourine magazine

株式会社タンバリンのことを、もっともっと知ってもらうためのマガジンです。公式メディア一覧→ https://linktr.ee/tambourine_inc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。