梅の華(1)

中間/梅安天満宮

梅は好きだが菅原道真は嫌いだ。

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花
主なしとて 春な忘れそ」

あーそうかい、そんなに太宰府が嫌なのかい。
と、九州人の私は思ってしまう。

悲運の人、かつ才能ある人ではあったのだろう。
梅が飛んできた(飛梅) という伝説もあるそうな。(*当地開催の直近の国体も、「とびうめ国体」でした。)

学問の神様、受験期の願掛けの名所であるのだが、個人的には、そういう神様に願掛けに行くのは、気が進まない。ひねくれ坊主である。

同じ「天満宮」でも、こちらの神社はもっと気さくで気楽だ。梅も立派。

何より、近いし。春の気分を味わうには、十分だ。

以上、手抜き観梅記でした!

*太宰府でも、観世音寺は、観光客が少ない割に見所満載らしい。是非、行ってみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、研修旅行費用と参考図書代に充てさせていただき、更なるコンテンツ充実をもちまして、還元させていただきます。

5

mittelfield

テイスツ・オブ・ライフ

気のおもむくままに書き綴ります。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。