見出し画像

ライター*サトウカエデへ、20の質問

むかーしむかし、テキストサイトでみかける「100の質問」が好きだった。

答えている側は「こんなの、誰が読むんだ」という気になるけど、見ている側としては、普段眺めているサイトの先にいる人の、知らない姿がチラ見できるようで楽しいものである。

そんな気持ちを思い出したので、100とはいかないけれど、20の質問に答えてみよう。

▶▶▶

1.ペンネームの由来を教えてください。

サトウカエデ」はライター活動をはじめるときにつけました。

自分の本名が春の植物なので、じゃあ秋の植物にしようかなと。
苗字はわかりやすいシンプルなものがいいなと。
合体させて、気づいたら「メープルシュガー(砂糖楓)」の和名になっていました。カエデって、かわいい名前ですよね。娘につけたかった。

2.noteを始めたきっかけを教えてください。

ライターとして働くのに、もっと書いたほうがいいんじゃ……という思いから2018年の4月あたりに登録。

2019年5月1日から毎日更新しています。書いているのは、主に娘の話や、ニュージーランドで暮らす日常など。子育てに絡んだトピックが多いです。たまに、ショートショートや小説ちっくなものも書いています。

noteでたくさん書き始めたきっかけは、このへんこのあたりを。

3.右利き、左利きどちらですか?

左利き産まれからの、右利き。右手で鉛筆をもち、左手で消しゴムを消せることが小学校時代の自慢でした。もうパソコンだから、利き手を実感することってあんまりないですねえ。

4.血液型は?

ひみつのA型。

5.小説、イラスト、漫画、音楽等、どのコンテンツを主に投稿していますか。

エッセイ書いてます。

一瞬だけ、誰かの心に届く言葉をかきたい。

6.ご自身の投稿作品のなかで特に気に入っている3作品をあげてください。

あ、難しい。うーん。

気合を入れて書いたものは、当然好きなnoteで、たくさんの方に読んでもらえることも多い。

あえてそれ以外で選ぶなら、次の3つかなあ。

『最初でさいごの』

noteのお題企画にあわせて。大学時代のビターな思い出。文章って、頭の中にしかないシーンや感情を、こうして形にして残せるからすごいと思う。

『ひとりでも、さみしくない』

あまり読まれていないけれど、好きなnote。「海はいいなあ」という気持ちを思い浮かべながら書いたもの。こういう文章を書いて、読んだ人が、その人の中の海を思い浮かべてくれたら素敵。

『おとうさんが大好きな娘の話』

娘の可愛さをとじこめたくて書いた。

私的によく読まれたnoteは、こちらのマガジンにまとめています。

8.作品を作る上でのこだわりはありますか?

noteには、あんまり攻撃的でネガティブな書き方をしないようにしています。

9.気になるnoteクリエーターさんを教えてください。

あーいっぱいいて困る。

ハネサエ.さん:いわずと知れたレジェンド系主婦ライターさん。
ぽこねんさん:たんたんと、ふんわりと、ときにじんわりとするnoteを書くお方。
こげちゃ丸さん:お父さん目線のやさしい家族エッセイ。よいです。
ふみぐら社さん書かれている言葉、ぜんぶ好きです。
ねおみのるさん:ゆるい日常系漫画がじわじわじんわりきます。
まつしまようこさん:パワー系日常noter。
ありのすさん:瞬殺レシピが人気。スッキリよめて、ちょっと心を動かすようなエッセイも好き。
出来幸介さん:育休取得中の育児エッセイ。面白視点で書かれる赤ちゃんがかわいい。

私は日常系のエッセイが好きなんですね、きっと。

10. 1作品につき、費やす時間はどれくらいですか。

20分~2時間ぐらい。朝に書く日と、夜に書く日があります。

11. 作品投稿後、あーやってしまったなあと思ったことはありますか。

誤字は公開後にこっそり直しています。

12. オフラインの知人、友人はnoteに投稿をしていることを知っていますか。

夫は知っているけど、アカウントはおしえてません。ライター名も知っているから、もしかしたらこっそり見ているかもしれないけど。見ていても、ずっと黙っていてほしい。家で感想とか言われたら、裸足で逃げだしたくなる。

13. プロットを書いてから作品作りに取り組みますか。

長い小説を書いたことないから、ちゃんとしたプロットを作ったことないです。

ショートショートを書くときと、3000字ぐらいの重めのエッセイは、頭の中で出来事→感情の構成をある程度立てて書くようにしています。

14. 影響を受けた作家、アーティストはいますか?

たぶん、中学時代によく読んでいた、吉本ばなな、銀色夏生、星新一あたりが私の根っこにある気がします。

15. noteに投稿したコンテンツの商品化を希望していますか?

これは太字で叫んでいいのかな?

もうね、noteを読んでくれた方から、お仕事のご依頼が来たらめちゃくちゃうれしい。

エッセイに限らず、一緒にお仕事しましょう。本業では、採用系のインタビューや働き方の記事など、記名から裏方まで執筆しています。

▶お仕事実績はこちら

16. 昨日の夕ご飯なに食べました

過去のことはぜんぜん覚えてられないの。

17. 作品を書く前に何か決まった準備をしているのであれば教えてください。

書く文章をあたまのなかでずっと反芻している。
あと、コーヒーを淹れます。熱中して書いていると、気づいたらコーヒーが冷めてる。

18. 今後、記事が書けなくなった(スランプになった)としたらどうしますか?

たぶん、走りにでもいくかなあ。体うごかして、早く寝ることにします。
「書く」って、脳みそからの出力だと思うから、弱っていると書けなくなる気がするんですよね。あくまで、私の場合ですけど。

19. スキの数やビュー数は気になりますか?

もちろん、わりと見てる。気合をいれて書いたnoteほど、たくさんの人に読まれたい。でも、数字に振り回されなくなるぐらいまで書き続けたいです。

20. お疲れ様でした。感想をどうぞ。

答える側も、けっこう楽しいですね。

▶▶

なんでいきなり20の質問に答えているかというと、noteって書き続けていると貯まるけど、流れていってしまうなあと思うから。

この記事ではじめて会う人もいるかもしれない。最近、私をフォローした方もいるかもしれない。ずっと読み続けている方も、いつもと違う角度のコンテンツだと楽しいかもしれない。

そんなことを感じたので、自己紹介的な感じで書いてみました。noteのプロフィールはこちらから読めます。

この質問テンプレートは、ヤスタニアリサさんが考えたものを使わせていただきました。楽しかったです。ありがとうございました。


(おしまい)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、シェア、コメント、全部うれしいです。読んでいただきありがとうございます!

好きな季節は、NZの秋です
48

サトウ カエデ

ライター。ニュージーランドで暮らしてます。夫・子ども一人。『かわいい娘の話をします』のマガジンで育児の話を。ほかには、海外生活や夫婦の関わり、働き方や生き方について。 お仕事のご依頼はTwitter・DMから。

コメント8件

およよ!僕の名前が!ありがとうございます!
>ねおさん
「悔し飯」のシリーズや、その他コミックエッセイ楽しみにしています~!
れじぇ…れじぇ…れじぇんど…!!!!!!!!
>ハネサエ.さん
そして伝説に……!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。