高知県移住をしたLGBTSが2年間サバイブしてきた過程と未来

この文章は100円と表示されていますが、月額555円の有料支援マガジンのお試し無料記事です。このような記事を週3回更新しています(9月は日、火、金曜日)。もし文章が「ためになる」「気に入った!」という方がいらしたら、初月無料ですのでお試しください:) → https://note.mu/88pilgrimage/m/mbb6397172669


東京圏から移住に最大300万円補助: 日本経済新聞

私は日経新聞有料購読者ではないので無料で読める範囲だけをみてコメントをしています。「金をやるから地方へ行け」というのは雑な扱いだなと思いました。これは実体験からのコメントです。上記は「東京圏以外」ということなので、大阪、名古屋、福岡などの大都市であればありがたい補助なのかもしれない。中小企業への転職は最大100万円を補助なので、これもありがたいことでしょう。

しかし、高知県で起業している私から見た正直な話をします。大都市以外の地方において起業をして300万円をいただけるなら、その土地での人とのつながりをいただるほうが1000倍価値があります。


「じゃあ地域おこし協力隊は?」と質問される方もおられるでしょう。私は地域おこし協力隊隊員ではないので、詳しい仕組みを知っているわけではないということを先にお伝えします。私の友人には地域おこし協力隊隊員がたくさんいます。体感ですが私の高知県での友人約半数は地域おこし協力隊隊員です。

私は地域おこし協力隊を知らずに移住をしました。というか、仕事すら決めずに移住をしました。無謀ですかね?「自分で仕事をつくったらいいや」と思っていた怖いもの知らずでした。実際自分で仕事をつくり、各所からお声がけいただき、高知県で「イラストを描けるざっくりペット系の人」という職業を名乗れない状態でもお金をいただきサバイブしています。

地域おこし協力隊は、各自治体によって仕事内容も扱いも違うようです。また、3年間一定額が支給されることは大きな安心のひとつとなるでしょう。私は、地域おこし協力隊の隊員と話すことは楽しいので単純にありがたい制度だなと思っています。もちろん負の側面があることも見聞きしてますが、この場では割愛します。


話を進めます。

今日は題名通り、「高知県移住をしたLGBTSが2年間サバイブしてきた過程と未来」について語っていきます。長文になること間違いありません。

この文章は、こんな人に役立ちます。

●地方移住を考えている
●リアルに地域おこし協力隊隊員でこれからどうやって生きていこうか考えている
●どうやって自分の名で稼いでいこうか方法を知りたい
●「自分の名で生きる」ということを知りたい

私が今高知県で「成功している」のかはわかりませんが、サバイブして2年は過ぎました。その中で「行ってきたこと」「どうやって稼いでいるのか」「これからしたいこと」を語ってゆきます。

それも最初から最後まで期間限定で無料の記事です。もし「役に立つな」と思ってもらえたら投げ銭として100円で記事を購入してくださったりサポートをくださると嬉しいです。


前提として

私は20歳のときにある原体験をしました。その原体験から沸き起こった「これは何とかしなくちゃ」という思い込みが原動力となり、私はさまざまな活動をしています。

また「自分じゃなくていいことはやらない」「めんどくさいことはやりたくない」という軸があります。つまり「めんどくさくても自分しかやる人がいなければ、やる」ということでもあります。

私のスペック

1984年製 made in Osaka
身長172㎝、体重55㎏
2016年七夕に高知県移住(四万十町十川→須崎市)

LGBT「s」の「s」。
体の性は「女性」。気持ちは「中性から女性」。恋愛対象は「女性」。
ざっくりノンセクシャル。

イラストレーター/グラフィックレコーダー
視覚優位、色・光に敏感 人の顔を瞬時に覚える(名前は漢字一文字は覚えられる)
ストレングスファインダー
「目標志向」「社交性」「学習欲」「回復志向」「ポジティブ」(順不同)

動物看護師歴およそ12年(認定動物看護師)
高知ペットビジネス専門学校 講師
高知県動物愛護推進員
老犬介護スペシャリスト
どうぶつすどまりBOOKマネジャー
ねこセカンドハウスこむぎ運営者
非営利任意団体まぜこみ 代表

他人からみた評価
「おおらかでにこにこしている」
「悩みはあるだろうけれど、それを感じさせない」


そんで、どうやって稼いで生きているの?

「どうぶつすどまりBOOK」 三毛の間

前提として、高知県では住む場所によりますが家賃が4桁なんてところがあります。私は今、不動産会社を通さないで一戸建てを購入した友人から部屋を借りています。金額だけでいうと、光熱費を含めると東京のおよそ1/2~1/3。ただ車がないと相当生活が大変なので、それを含めると全体的な生活費は東京で暮らすより少し安いくらいのイメージかもしれません。食事は食材がいいので、概ね何でもおいしいです。

基本的には専門学校講師を週3回していただく講師料で基本的には生活しています。学生が休みになる夏の2か月、冬1ヵ月は講師業がなくなるので、この期間に何かできないかと思い、2017年6月 高知県のペットケアサービス「ペットヘルパー&うさぎケアつむぎ」を高知県ではじめました。その中で見えてきた「ネコと高齢者」問題に対応するために2018年4月22日「ねこセカンドハウスこむぎ」をはじめました。

「ねこセカンドハウスこむぎ」と併設している 「どうぶつすどまりBOOK」はAirbnbでいつでもご予約できます。ぜひともこの世界初の施設を確かめに来てください!!→ http://oniwa-kochi.com/recommended/

「非営利任意団体まぜこみ( https://www.mazecomi.org/ )」が掲げるのは「すこし想像ができると、ペットとの暮らしはもっとすてきになる」ということ。ペットに関する教育をひろめる活動を今後していきます。詳しくは別のnote記事に書きますが、9月2日(日)より「すさきの日曜市」に15分無料ペット相談を出店します。ぜひとも冷やかしに来てください!


具体的になにでいくら稼いでるの?

「どうぶつすどまりBOOK」 三毛の間

私が高知県でどのように稼いでいるのかを可能な範囲でざっくばらんに書きます。現在仕組みは(1)~(6)の6つ。

(1)高知ペットビジネス専門学校 講師
(2)ペットヘルパー&うさぎケアつむぎ https://www.facebook.com/ptamoff/
(3)どうぶつすどまりBOOK https://www.facebook.com/doubutsubook/

(4)ねこセカンドハウスこむぎ https://note.mu/pta_moff

(5)グラフィックレコーディング https://note.mu/aisu_dog/m/m9490ce246fd0

(6)note有料支援マガジン https://note.mu/88pilgrimage/m/mbb6397172669


説明します。

(1)高知ペットビジネス専門学校 講師
10月で講師を初めて3年になります(学期の途中から授業を始めました)最初は3授業5コマ、翌年度は4授業7コマ、今年度は5授業8コマの授業を受け持っており、1コマいくらという授業を行っています。年間平均するとおよそ月11万円くらいの収入です。


(2)ペットヘルパー&うさぎケアつむぎ
リアルな数字としては、2016年開設以来「ペットヘルパー&うさぎケアつむぎ」は15名様へカウンセリング(お話をお伺いする)をし、半数の方にご利用いただきました。(2)の仕組みでいただいたお金は経費を除いて(2)と(3)運営に使っています。


(3)どうぶつすどまりBOOK


8月31日現在、のべ数で106泊してくださっています。Airbnbと口コミだけでこれだけの泊数の方が宿泊してくださっているのは驚きです。この泊数にはクラウドファンディングによる宿泊券リターンで止まられている方も含めています。これからきちんとした数字出します。Airbnbと口コミでお越しくださった7割ほどが外国人ゲストです。
今後の課題は、この泊数では自立して運営ができません。現在は高知県本山町に住むブロガーイケダハヤトさんのサポートを受け、運営ができています(いつもありがとうございます!)

(3)の仕組みでいただいたお金は経費を除いて(2)と(3)運営に使っています。

(4)ねこセカンドハウスこむぎ

(正しくは「本山町」です。すみません)

現在2匹のネコを終生予定でお預かりしています。(4)の仕組みでいただいたは経費を除いて(2)と(3)の運営に使っています。


(5)グラフィックレコーディング
は口コミでご依頼いただいています。参考(個人的なノート含みます)→ https://note.mu/aisu_dog/m/m9490ce246fd0
(5)の仕組みでいただいたは経費を除いて(2)と(3)の運営に使っています。


(6)note有料支援マガジン
このようなnote記事がまとまっているところですね。現在2名さまにご支援いただいています。ありがとうございます。もし今までの記事がいいな、応援したいなと思われた方、本日登録いただくと8月に書いた記事がすべて見られます:) また、1カ月目は無料です!(9月よりカード引き落としされます)URLはこちら→ https://note.mu/88pilgrimage/m/mbb6397172669

過去に「noteって儲かるの?の声に答えます」という記事を書いているのでぜひご覧ください! https://note.mu/pta_moff/n/n6c0f355ccb09


そもそも、どうやって仕事を取ってきているの?


断言します。「営業」です。

自分に「なにができて」「それがいくらなのか」を明確にすること。
自分のできることを必要とする人に広めること。

私が個人的に行っているSNSは全て自分を知っていただくためのツールであり「営業」です。冷たく聞こえるかもしれませんが、お金を稼がないとこの「どうぶつすどまりBOOK」も潰れてしまいます。普段必死さは出していませんが、見えないところは相当必死です。

ちなみに、私がどんなSNSを使っているかというと、

1)Facebook 公開投稿をご覧いただける「フォロー」(ほとんど公開でご覧いただけます)

2)note (ブログ)
非営利任意団体「まぜこみ」 https://note.mu/pta_moff/

まゆゆ/四国遍路 https://note.mu/88pilgrimage

3)Instagram(日々の記録)
https://www.instagram.com/aisudog/

4)過去の記録(Twitter)
http://twilog.org/aisu_dog

5)過去の記録(高知移住前から高知移住した10月くらいまでのブログ)
http://aisudog.hatenablog.com/

これらSNSとリアルで淡々と「営業」を続けることで「抜擢」いただくことができ、私は高知県でサバイブすることができています。本当にありがとうございます。

「抜擢」に関する記事は、2年ほど前の記事ですがこちらご覧ください。

人脈がほしい人必見!低学歴のわたしが語る「抜擢」されるための「ワープアイテム」を手に入れる方法解説 - 高知県とウサギとわたし http://aisudog.hatenablog.com/entry/2016/09/22/083000


それって、あなただからできるんじゃないの?


いえいえ、そんなことはありません。私は低学歴のただの職人でした。どのように「抜擢」していただけてきたのかの方法を載せています。ぜひ上記リンク先を読んでくださいね!

人脈がほしい人必見!低学歴のわたしが語る「抜擢」されるための「ワープアイテム」を手に入れる方法解説 - 高知県とウサギとわたし http://aisudog.hatenablog.com/entry/2016/09/22/083000

そして皆さんも「抜擢」というワープアイテムを手に入れ、せっかくなら楽しく地方移住しましょう!!


最初のLGBTsはなんの意味があるの?

私は、今住んでいる高知県須崎市で、あえてカミングアウトを繰り返しています(本当はカミングアウトしなくていい世の中になればそれがいいですけれど)。それはこの須崎市の私が住む周辺の方々が、広い心を持っていらっしゃるからです。市長も知っておられます。

もちろん、全員がスッと理解してくださるわけではありません。また、全員にカミングアウトするつもりもありません。カミングアウトの程度としては飲み会の席でひとり者だとお伝えした時に「誰か紹介するわ!」と言われたら「あ、私男性興味ないので。女性が好きなんです」というくらいです。それでも伝わる人には伝わるし、それでも「いや、そんなことない。大丈夫!」と謎に励まされることもあります。


そんな感じでなかなか高知県須崎市はLGBTSの方も住みやすいですよ

そもそも、私がいますし(笑)
税務署、保健所、裁判所、市役所などが、自転車で行ける範囲で揃っています。旧町中はサイズ感が手ごろでそこだけで生活するなら自転車があれば何とかなると思います。

住む場所も、私が今住んでいる一戸建て、お部屋余っていますのでシェアして住むことができます。もし地方移住を考えていて「一度須崎市来たい!」という方は、動物アレルギーがなければぜひ「どうぶつすどまりBOOK」にご宿泊ください(営業)。http://oniwa-kochi.com/recommended/


で、未来は?

はい、未来は、12月より非営利任意団体「まぜこみ」でちいさなペットに関する授業を始めたいと考えています。「すこし想像ができると、ペットとの暮らしはもっとすてきになる」ということを、この高知県須崎市でちいさく広めます。寄付という仕組みを使うことになるでしょう。

また、9月後半から秋のお遍路さんシーズン。はりきって英語を勉強します。10月から専門学校の講師業が始まり、11月はフランスから移住目的のフランス人が2名「どうぶつすどまりBOOK」に1カ月宿泊します。この「どうぶつすどまりBOOK」はいずれどなたかに運営を任せたいと考えています。

ペットの活動は草の根で地道に続けます。今のところ動物愛護の現状を鑑みて、未来を切り拓くには「新しい方法で」「地道に続けていく」ことがわたしができるベストだと考えています。

以上、「高知県移住をしたLGBTSが2年間サバイブしてきた過程と未来」でした。



最後までお読みくださり、ありがとうございます。

今回のような記事をまとめたマガジンがあります。555円で私を支援していただくことができます。このような記事を週3回書いています。もし「応援しよう!」「気に入った!」というお気持ちがあれば、サポートいただけると嬉しいです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

高知県移住をしたLGBTSが2年間サバイブしてきた過程と未来

まゆゆ 🐱グラフィックコネクター

100円

💕
3

まゆゆの運営報告

月一回の運営報告、目標の週次目標と達成可否をアップしていきます。たまにコラムも書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。