見出し画像

【企画書公開!】アイデアは住み分けが大事

こんにちは!noteで使うハンドルネームを真剣に考え中です。アシスタントデザイナーの山口翔平です。今日も会社で学んだことを書いてみたいと思います。

今日は、Webサイトの企画(どんなサイトにするかのアイデア)を考えてクライアントさんに提案する時は、「アイデアの住み分け」が大事だ、という話。結論から言うと、住み分けというのはこういうことです。


どういうことか、最近作ったuwabami(ウワバミ)というイラストレーターユニットのサイトを使ってご説明します(掲載を許可して下さったuwabamiのムトウさん、はらださん、ありがとうございます!)。

例えば今回は、ウワバミさんから「楽しさと見やすさを両立したサイトを作って欲しい」と言われていました。

具体的には、ウワバミさんはイラストレーターユニットとして色んなサイトやイベントでイラストを描いているのですが、プラス、絵本も作ってらっしゃるので、親子などが見て楽しめる要素(ちょっとしたミニゲームなど)が欲しいと同時に、仕事を頼むイラストレーターを探してサイトに訪れた人も見やすいようにしたいと。

こういう時、単純にアイデアを3案出すよりも、A「均等に両立案」
B「両立しつつも見やすさ重視案」
C「両立しつつも楽しさ重視案」

のように、3案それぞれ特徴を持たせた方が良いです。そうすることで、クライアントさんが3案見渡した時に選びやすくなるからです。

詳しく説明する前に、ここで、実際に提案した資料をご覧下さい。

A案 見やすさと楽しさの切り替え案

A案は、「見やすさと楽しさの切り替え案」です。画面左下にボタンが固定されていて、ボタンを押している間、画面上のものが動き出すという仕掛けです。ベースは見やすいシンプルなサイトだけど、ボタンを押している間は楽しさに全振りしたサイトになる、と。

B案 見やすさ重視案

B案は、見やすさを重視した案です。一見普通の見やすいサイトに見えるけど、よく見たら画面のあちこちに小さな動くものが…タップすると「ウワバミン」という小人だった!全ての「ウワバミン」を集めよう!という案。

C案 楽しさ重視案

C案は楽しさを重視した案で、サイト全体が背景なども含めてイラストになっており、ウォーリーを探せ的なミニゲームもあります。マンションの各部屋を覗いているような見え方で、コンテンツごとにブロック分けすることで見やすさも両立させており、追加コンテンツなどにも対応可能です。

と、こんな感じでご提案させて頂きました。

これらは、かなりわかりやすくアイデアの住み分けが出来ていて、3案とも素晴らしいアイデアだと思います(ただ一つ残念なのは、どれも山口の案ではないということです)

住み分けのメリット

このように、アイデアをいくつかご提案する際は、ただ「良いのをたくさん考えてきました」と出すよりも、「〇〇をより重視した案」とか「〇〇を強くアピールする案」など、住み分けした状態で提案すると良いです。

そうすることでクライアントさんも「私たちがターゲットにアピールしたいのは〇〇だから、A案にしよう」というように案を決定しやすくなります。

さらに言うと、向こうも向こうでチームの場合が多いので、そうなると誰か1人の好みで「コレがいい!」と決まるわけにはいかなかったりします。住み分けをして、各案の特徴を明確にし、論理的に選べる状態にすることは、クライアントサイドの議論もしやすくする設計なのです。

今回は、「アニメーションも描けることが強くアピールできる」ということで、A案に決定しました。

そうして出来上がったサイトがこちら
画像も載せます。

これがトップページ。左下の手裏剣ボタンを長押しすると…

こんな感じで、アニメーションが画面を覆います!ボタンは全部で5種類あって、画面を更新するたびに変わります。ぜひサイトで試してみてください!

ーーー

おまけ

話をわかりやすくするために今回は3案しか紹介しませんでしたが、ほんとは4案ご提案しました。4つ目は「ユーザー参加型サイト案」という、ユーザーが簡単な塗り絵をしてそれがサイト背景に反映されるという、上記3つとはまた別軸の案をご提案をしました。

「求められていた内容とはややずれるけど、こういう方向もありだと思う」というような案も、積極的に出すようにしています。実際、最終的にはA案とこの4つ目の案の2つのどっちかで悩んでくださいました。

そういうこともあるので、やっぱり視野を広く持つことは大切だなあと。(uwabamiさん、4つ目のやつ、また別の機会にやりましょう!)

#デザイン #仕事 #仕事術 #Web #イラスト

スキ!「これについて書いてほしい」などコメントくれたら絶対書きます!
13
webデザインの会社で働いています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。