彼女が帰ってしまったあとに思うこと。

まいど、黒井です。

およそ25時間。あっという間ですね。きのう、きょうと一泊二日で彼女がうちへ遊びにきていました。

きのうの12時すぎに来て、きょうの13時すぎに帰っていったので、ぼくの家には25時間ほどいたことになります。

濃密でありながらほんの一瞬の出来事のようでした。

彼女はひきこもりのぼくと会うのに、わざわざ4時間ほどかけてぼくの家まで遊びに来てくれます。ほんとうにありがたいことです。

あ。

そういえば、今回もまた「来てくれてありがとう」って、口では言えなかったなあ。

いざ会うと、なかなか言えないのです。

でも、いっぱい抱きしめてあげられたし、あたまもなでなでしてあげられたし、ぼくの気持ちはしっかりと伝わったことでしょう。


ただ、いつも、彼女が遊びにきて、そして帰っていくと、それからしばらく「これまで自分はどうやって生きていたのか」が分からなくなってしまいます。

胸を大きくえぐり取られてしまったかのような喪失感が、どこからともなく溢れてきて、いつの間にか溺れてしまう。

なんとかもがいて、ふだんどおりの生活を送ろうとするんですけど、ふと胸に手をやると、やっぱり深くえぐれているような気がするのです。

光のまったくない暗闇のなかに、ぼくはいつもひとりでいる。でもまわりが暗いのであんまり孤独を感じない。そこに彼女が遊びにくる。すると強烈な光に照らされて、あたりは明るくなり、ぼくは少し元気になる。彼女とふたりで楽しく過ごす。しばらくすると彼女は帰ってしまう。すると、明るく照らされた世界にぼくだけが残り、ひどい孤独を感じてしまう。

おそらくこのような順序で「彼女が帰ったあとの不調」が作られるのだと思います。

立ち直るまでには、だいたい一週間。長いときは一ヶ月ほどかかります。そうして立ち直ったころには、もう彼女と過ごした貴重な時間が、ひどく遠い記憶のように感じるのです。

でも、楽しかった記憶は、けして嘘じゃない。

楽しかったな。幸せだったな。

それだけは忘れないようにして、きょうは眠ろう。


Twitter:黒井@ガチひきこもりブロガー
ブログ:たのぶろ
お供え:黒井の欲しいものリスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まいど、黒井です。 よろしければ、すぐ下にある【サポートをする】から、ぼくの活動(ブログ・動画投稿)を応援してください。 サポートしていただいたお金は、ありがたーく「本や動画収録の機材」に使わせていただきます。

ぼくもあなたが大好きだあああ!
15

ひきこもり男子の日常

ひきこもり男子の何でもない日常。そのちょっとした出来事をまとめたマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。