わたしの靴紐が逃げた。


私の靴紐が逃げた。



今日は自分のご褒美に、ずっと欲しかった靴を買うことにした。

その靴は、
空を映したような気持ちの良い青色に、透き通るような白い紐が通っていて、

一目で気に入った私は、絶対買おうと心に決めていたのである。


コツコツお金を貯めて、
やるべきことを、しっかりやり終えて、
さっぱり清々しい気持ちになったから、
私としては珍しく、自分のご褒美に買いにいったのだ。


ようやく念願叶って、

その靴を購入した。


「お履きになって帰られますか?」
 と店員さんに聞かれたけれど、今すぐにでも履いてしまいたい気持ちを抑えて、

「いえ、持って帰ります!」
 といった。


なんだか、特別な場所で履きたくなったのだ。



その帰り道、少し寄り道して、近所の大きな公園に行った。


原っぱが気持ちよくて、風が爽やかで、

電線に遮られない、広い大きな青空が見える、お気に入りの公園だ。


私は、なんだかその公園で、あの特別な靴を履きたくなった。



「ここの大きな木の下で、履こっかな」


靴を取り出して、足をすぽっと入れる。
ぴったりだ。



…でも、靴紐を中々結ぶことができない。


「あれ?こんなに蝶々結びって難しかったっけ…?」


よーくみてみると、私の靴紐は、ウネウネうねって、
結んでも結んでも、スルリと解かれてしまっていた。


なんて面白い靴紐なんだろう!


私はますますその靴が好きになった。



「ねえ、仲良くしましょうよ、綺麗な靴紐さん。蝶々結びはお嫌い?」

そう言って、また靴紐を結ぼうとすると、


私の言葉が届いたのか、届いていないのか、
白い靴紐は、へびのように体をくねらせて、
いやだいやだ といっているように、
私の手から離れ、

ついには、青い靴からも、するする離れていこうとした。



結ばれることが嫌いな靴紐なんて、なんとも奇妙。


私はおかしくて、笑ってしまった。






それから白い靴紐は、自由を求めて、風に吹かれた。



青い靴が、ぽつんと残った。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、ありがとうございます。

大吉!🎊(〜いいね占い〜)ありがとうございます!
24

Marina

うそ日記

「うその日常」が詰めこんである、不思議な日記帳。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。