ウツノミヤ サトミ

大丈夫になるnote。人間や女の子についてのあれこれ、日々感じたことを書きます。少女映画と純喫茶と月とハイボールが好きです。今日もなんとか。

本屋で出会った愛すべき他人

「すみません、ここらへんでおすすめの本ってありますか?」 渋谷の紀伊国屋書店で立ち読みをしていたら、20代くらいの女性が私に向かって話しかけた。 本屋でこんなふう...

2

伝えたい文面はいつも物足りない

「今日こそはやく寝よう」と思う日にかぎって、急に頭が冴えたりする。 今日からダイエットをしようと決めた日にかぎって、冷蔵庫にセブンの「とろけるくちどけわらび餅」...

0

愛情不足のぼくたちは家族を定義し直さねばならない

固定概念や価値観に囚われることを「呪縛」や「呪い」と表現されることがあるが、一生とけないであろう呪いは「家族」だと思う。父がいて、母がいて、その間にできた子ども...

0

情報感度の高さと比例する「おせっかいおばさん」

まいにち無数の情報に触れ、流し、流されないように俯瞰する。日頃わたしたちは、自ら情報を取りにいくよりも与えられることのほうが多いのではないだろうか。 それらに...

0

対人認知におけるいろいろと、多面性ある私

4月になると、「はじめまして」の回数がぐんと増える。私のことを知らない人と、たくさん出会う季節。  はじめましてをすると、自分が相手にどう映っているかがわかる。...

0

#もしもSNSがなかったら

千代田区末広町にあるアートセンター「アーツ千代田3331」にて開催された『SNS展』。この展覧会では、「もしもSNSがなかったら世界はどうなっていただろう?」というテーマ...

0