蔵前が教えてくれた、街と暮らす心地よさ / interview02:ももちゃん

浅草からほど近く、隅田川西側に位置する「蔵前」。
下町のやわらかい雰囲気がありながら、おしゃれなお店も充実。
最近では、雑貨屋やカフェを巡るために蔵前を訪れる人が増えています。
みんなが訪れたくなる街ですが、
実際に “ 暮らす ” ってどんな感じなんでしょう?

そこで今回は、蔵前での1人暮らしを楽しむ友人・ももちゃんにお話を伺いました。
なかなか1人暮らしに踏み切れない方に、ぜひ読んでいただきたいです。

◆ みんなが憧れる街、蔵前での暮らし

ーー蔵前にはどれくらい住んでいるの?

実は、蔵前にはまだ引っ越したばかりで、“ 蔵前エリア ”に住んでいるのが3年目。社会人になるタイミングで、最初は本所吾妻橋に住んだの。
蔵前からは徒歩で15分くらいかな。
だけど、今回の契約更新の時に「好きな街にもっと近付きたい」と思って、蔵前に引っ越した。
前までは “ 蔵前=近場で休日に遊びに行くところ ” だったけど、今度は平日も気軽に行きたいなと思って。

ーー本所吾妻橋を選んだのは、蔵前から近かったから?

そうそう。本当は最初から蔵前に住みたかったの。
でも高いし、「まぁ平日は行かないから、土日に行ける距離だったらいいや」って最初は思ったんだよね。

ーーなんで蔵前が良かったの?

蔵前ってコーヒー屋さんや雑貨屋さんがたくさんあるじゃない?
そういうところって、気合いを入れて行く場所ではないなと思っていて。
(はが「あ〜わかる」)
蔵前にあるお店の人ってみんながラフに接してくれるから、ふら〜っと立ち寄れるなぁと思ったの。
普段からよくコーヒー買いに行くし、ここに住みたいなぁって。

ーー近所のお店を巡るのは、休日が多いの?

うん。でも、平日に寄る時もあるかな。
8時半から開いてるお店でモーニング食べたり、
疲れてる日は近所のコーヒースタンドでラテ買ってから出社してる。

ーーめっちゃいい!みんなが憧れる生活をしてる!行きつけのところがあったら、こっそり教えて(笑)

よく行くのは、近所のSOL’S COFFEE。すごく好き。
コーヒースタンドだから気軽に寄れるんだよね。

あとは、ハンバーガー屋さんとコーヒースタンドが一緒になっているところがあって。
本所吾妻橋に住んでいた頃からよく行っていて、そこでハンバーガー食べた後にコーヒーを持ってその辺を散歩するコースがお気に入り。
すごく美味しいし、お店の人がやさしいの。

ーーうわ〜そのコース真似したい(笑)

あと、家の裏がお花屋さんでね。
どれにしようか悩んでいると、店員さんが話しかけてくれて、相談しながら買うのが楽しい。

ーーお花屋さんってに夜に開いてるイメージがないんだけど、朝に行くの?

うん、休日の朝に。茶道に行った帰りに寄ることもあるよ。
(はがとももちゃんは茶道仲間で、土曜日のお昼にお稽古をしています)

ーー同じ習い事をしているのに、わたしとは全然違う素敵な休日だ!(笑)

◆ 蔵前の最大の魅力は人なのかもしれない

ーー蔵前ってやさしい街のイメージなんだけど、生活している人たちの人柄はどんな感じ?

うん。なんかねぇ、すごくしゃべりかけられる(笑)

ーーへぇ〜!!

コーヒースタンドの前を通ると「こんにちは〜」って言ってくれるの!
可愛くない?
だからわたしも「こんにちは〜」って返して、お店に戻ってつい買っちゃう(笑)

ーー笑顔で挨拶されたら、立ち寄りたくなるね。

そうそう。あと、顔見知りの人ができると、あえてたまには違う道を通って散策したくなる。

ーー同じ街でも、ちょっと道を変えたりするだけで楽しくなるよね。ちょっと話変わっちゃうんだけど、ももちゃんって実家東京じゃない?なんで1人暮らししようと思ったの?

どれだけ家の中を可愛くしようとしてもさ、実家だとやっぱり限界があるじゃん?
それがすごく嫌で。
もっと自分の思い通りに食器とか選びたいし、なんなら住む街も自分が好きなところがいいなって思ったから、思い切って引っ越したんだ。

ーー好きな街はあるけど住まなくてもいいかなって思う人もいると思うんだけど、蔵前は何が違ったの?

う〜ん。「いいな」って思う街は他にもあったけど、蔵前は「住みたいな」って思ったんだよね。

ーーそっかぁ。実際に住んでいて良かったって思う瞬間は?

1人暮らしってやっぱり1人だからめちゃめちゃ寂しくなるんだけど、蔵前の喫茶店やコーヒースタンドに行くと、すごく話しかけてくれるんだよね。
モーニングでよく行くカフェがあるんだけど、そこでも本当になんでもない話をして盛り上がる。
1人で住んでるけど、ちゃんと会話が生まれるのがすごく楽しいの。

ーーそれ大きいね。

うん。ここではあんまり1人で生きている感じがしないかも。

ーー “ 街の人と一緒に住んでいる ” みたいな感じなんだね。この前連れて行ってくれたお店の店員さんも、べらべら話す感じじゃないけどやさしいのが伝わってきた。普段は1人でお店を開拓するの?

あそこは違うんだけど、1人で行っても誰かと行ってもみんなあんな感じ。
めっちゃしゃべりかけてくるんだよね、どこのお店も。

ーー人懐っこいけどべたべたしていなくて、おせっかいすぎない感じだよね。

うん。よく話すけど名前は知らない人がいっぱいいる(笑)
街を歩いていて、わたしが「あっあのお兄さんだ!」って思うと、向こうも「あいつだ!」って思ってるだろうなって感じる(笑)
よく話すようになると、お互いにちょっとずつ情報が増えていくんだよね。

ーー「東京は近所付き合いがない」って言うけど、そういう冷たさとかはないんだね。

うん。隣の部屋の人は知らないけど、街の人は知ってる。

◆ 好きな街で、人とつながりながら生きていく

ーープライベートな空間は保たれつつ、街が包み込んでくれているんだね。暮らす前後で街の印象は変わった?

前よりもっといろんなお店を知れたかな。
店員さんによくお店を教えてもらえるんだ。

ーー行ったお店の近くのお店を教えてもらうの?

蔵前の別のお店だったり、他の街のお店も教えてくれる。
この前もモーニング食べに行って、「今日溝の口に行くんです」って言ったら、「溝の口のあそこのコーヒー屋さんおいしいよ」って話してくれた。
蔵前のお店ももちろん教えてくれるし、素敵なお店の情報がどんどん入ってくるの。

ーーよく「蔵前のおすすめカフェ○選」みたいな記事を見かけるけど、蔵前の人が本当におすすめしているところを巡るのもいいね。

そうそう。実際におすすめしてもらったところに行って、「あそこのワインのお店で教えてもらいました」って言うと喜んでくれるし。

ーー漠然と「1人暮らしって大変そうだな」って思ってたんだけど、ももちゃんの話を聞いてたら、人と繋がりながら生きているんだなって思った。

うん。でもそれは蔵前に引っ越したからかも。
本所吾妻橋にはそういうお店があまりなかったんだよね。

ーー蔵前だからこそ、こういう暮らしが送れるようになったんだね。じゃあ最後に、なかなか1人暮らしに踏み出せない人に向けて、1人暮らしのいいところを教えて。

う〜ん。お金のやりくりは大変になるけど自由度は高くなるし、家ひとつにしても食べ物ひとつにしても、自分の好きなもの選べるようになるのがすごく楽しい!

ーー次はどんなところに住みたいの?

今みたいなところがいいかな。
街の人の距離が近くて、美味しいごはんやコーヒーや好きなものがいっぱいあって。
あと、お花屋さんも必要!

ーー想像しただけで素敵な生活が送れそう…!今日はありがとうございました!

編集後記
ももちゃんとはもう6年くらいの仲なのですが、お家に遊びに行ったことはなく…
こんなに素敵なライフスタイルを過ごしているなんて!
インタビュアーのはが自身は東京出身・実家暮らしなのですが、
今回の取材を通して「好きな街で暮らすと、こんなに心が満たされるんだ」とハッとしました。
実家暮らしだと「お金がもったいないし」とつい先延ばしにしがちですが、自分の人生をもっと楽しむためにも「どんな街でどんな人々と暮らすか」って重要なんですね。
今回の記事を通して、1人暮らしのタイミングを逃してきた人が一歩踏み出し、自分らしい素敵なライフスタイルを送るきっかけになってくれたら嬉しいです。
はがも今年中に1人暮らし始めます!一緒にチャレンジしてみましょ!(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!!!
6

はがちゃん

日々のおやつのことを中心に、わくわくしたり好っきー!!!と感じたものを発信します🍬 noteは、テーマを絞らず自由に🕊 おやつ / 海外旅行 / フィギュアスケート / 映画 / パン / いい香りのものがすき♡ SHElikesライターコース5期生✍️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。