米国の利上げとEUの量的緩和終了って?世界経済の行方 【その1】

こんにちは。ひろこです!

世界の中央銀行は金融政策を実施し、経済を安定させようとしています。その金融政策の代表が金利操作お金の量のコントロールです。現在アメリカが行っているのが「利上げ」。つまり金利操作です。

ECB(欧州中央銀行)が「12月で終了する」としたのがお金の量をコントロールする「量的緩和政策」です。


これらを理解することができれば、相場の動きもスムーズに入ってくるようになると思うので解説したいと思います!

大事なテーマなので数回に分けて解説しますね(^o^)/

〜目  次〜

①利下げの効果とは

②利下げの次に量的緩和

---------------------------------------------------------------------------

これより先は有料ゾーン(300円)になります。継続課金(1,250円)のマガジン「お金研究所」を購入すると毎月5記事以上配信される記事をお得に読むことができます。

※9/1から始まった「お金研究所」のは購入月より前の月に書かれたものは単品での購入が必要になるのでご注意!

この続きをみるには

この続き:1,224文字
記事を購入する

米国の利上げとEUの量的緩和終了って?世界経済の行方 【その1】

あっきん

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいりません。コンテンツが良かったよ〜!という方、こんな記事書いてほしい!とかあったらバンバンSNSで発信してくれると今後の参考になります!!ハッシュタグ「#お金研究所」付けてね!

11

あっきん

元公務員 / 投資家 / 小説家 / 奈良在住 / 35歳 / 4人家族 / お金に縛られない人生を歩んでいる人。/ブログ「akilog」の著者 https://akilog.jp/

まとめ更新中。投資論、ギャンブルカジノ、仮想通貨、株FX競馬

【随時追加中。スマホが千両箱に思えてきた】2017年からtwitterで活躍されている仮想通貨民の方々のnoteを集めていますぅ。2018年末からはオンラインカジノ民、競馬民、株FX民、宝くじtoto民の方々のnoteも集めはじめました。