為替とは何か?身近な事例で考えてみた。

こんにちは!ひろこです!

私たちが当たり前に使っているお金。昔お金がなかった時代ってどんな世界だったんでしょうね?

同じような価値のものと交換することになるんでしょうね。でも、同じ価値のものかどうかを判断するのって難しいですよね。価値観はひとそれぞれ。

しかも、自分が欲しいと思ったものを持っている人を自力で探してから交換してもらわなければなりません!それってめちゃくちゃ大変ですよね・・・

日本では考えられませんが、ハイパーインフレになって経済が完全に麻痺しているベネズエラでは今でも実際に物々交換をしているようです(汗)


『ハイパーインフレ』とは・・・物の値段がとてつもなく上がっている状態。りんご1個10万円みたいな世界。



以下はハイパーインフレの町を取材した様子です(日経新聞)↓


でも物々交換は明らかに不便ですよね。

そこで、お金が誕生しました👏👏お金は物と物との間に入って交換できるとても便利な役割をしています。物々交換ではなく、お金と物を交換すれば、そのもらったお金で今度は自分の欲しいものと交換することができます。

お金ができてからは物と物の交換がとてもスムーズに行えるようになりました。また、価値も一定なので、人によって価格が違うなんてこともなくなりました。

でも次なる問題は国によって通貨が違うことです。

----------------------------------------------------------------------------

これより先は有料ゾーン(300円)になります。継続課金(1,250円)のマガジン「お金研究所」を購入すると毎月5記事以上配信される記事をお得に読むことができます。

※9/1から始まった「お金研究所」の記事は購入月より前の月に書かれたものは単品での購入が必要になるのでご注意!


この続きをみるには

この続き:2,473文字/画像6枚
記事を購入する

為替とは何か?身近な事例で考えてみた。

あっきん

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいりません。コンテンツが良かったよ〜!という方、こんな記事書いてほしい!とかあったらバンバンSNSで発信してくれると今後の参考になります!!ハッシュタグ「#お金研究所」付けてね!

10

あっきん

元公務員 / 投資家 / 小説家 / 奈良在住 / 35歳 / 4人家族 / お金に縛られない人生を歩んでいる人。/ブログ「akilog」の著者 https://akilog.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。